森友学園は大した問題じゃありません2

fd17f22e.jpg
今回の問題、森友学園のあの問題は以上ですよ。
あと不明な点は殆ど無い。
大阪は忖度があったと認めてるんだから。
不明な点は8億の数字だけ。
航空局じゃなくて近畿財務局が、航空局が作った参考資料を無理やりそこにハメた。
それは適正じゃないんです。
手続き的に適正じゃないんだからその適正性はもう一回第三者に試算してもらって比べるしかないでしょ。

今回の問題で実はより巨大な疑惑、辻元議員に掛かる疑惑が持ち上がった。
籠池夫人と昭恵夫人のメールのやりとりの中に辻元清美議員の名前が沢山出てくる。

民進党の玉木さんも落ちたものだね。
玉木議員は地域活性化公共投資臨時交付金について質問した。
これについて政府から答弁があって麻生政権の補正予算で21年5月の閣議決定だった。
交付期限についての答弁もありました。
交付決定は22年の3月12日だという答弁がありました。
それを玉木さんはスルーした。
何故か?
都合が悪いから。

21年8月末に解散総選挙があった。
政権交代選挙。
豊中が初めてこの話を航空局に持ち込んだのは21年8月末の総選挙直後、政権交代が決まった後21年9月11日に豊中市が航空局に初めて案件を持ち込んだ。
その四日後の15日に航空局は近畿財務局に話を持ち込んだ。
その三日後に辻本清美さんは国交副大臣になった。
そして半年かけて調整が色々あって翌年の3月12日にこの金額が決まってる。
つまりこの森友学園の問題はみんなで、国も府も一緒になって新しく私立小学校を作りたいから出来るだけ行政サービスを使おうとした。
これ政治家もよくやりますよ。
役所に電話して「これ白だろ、白だったら早く白にしてくれ」と言います。
黒を白にしろとは言いませんよ?
お金貰って黒を白にしろというのはダメです。
白なのに行政が滞ってた時に「早くやれよ、これ白だろ」と。
或いは行政が黒だと言ってるものを地元から貰います。
それを見ると同じものが白で処理されてる事がある。
行政なんてそんなもんです。
「これが白ならこれも白だろ」と言って行政を殴るとすぐに課長が飛んできて「白でした」と言って進むわけです。
こんな事は国会議員の事務所だったら一日に100件くらいやってますよ。
だから結局9-8=1が疑惑じゃない。
これは「よくやった。みんなでよくやった」という美談なんです。
疑惑は隣りの野田中央公園です。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。