森友学園は大した問題じゃありません

n-ABE-large570.jpg
財務省、国交省、大阪府も行政サービスですから。
小学校や保育園を作るときに出来るだけ行政が行政サービスを迅速にやる。
これは当たり前の事です。
大体政治家は行政がサボってると電話して「早くやれ」と足立議員は一日100件ぐらいやってると言ってます。

八億円の問題を早く決着させるためには第三者にもう一度試算、積算してもらえばいい。
だからなんで揉めてるのかといえば土地を持ってる当事者、大阪航空局が積算したから。
普通は第三者に見積もらせるんです。
当然土地の値段は不動産鑑定士にやってもらう。
ゴミの問題は専門業者にやってもらう。
それを初めて、国交省始まって以来、近畿財務局始まって以来初めて当事者に積算させたから揉めてる。

いや問題だと言いますが小学校を早く改設して生徒も集めてるから急いだんでしょ?
それは分かるよ。
しかし適正性を明らかにするためには早く第三者にやってもらう方がいい。
関連記事

コメント

非公開コメント