市場問題は五輪問題

AS20160921002030_commL.jpg
「築地を再整備したら数百億で出来る」という小池さんのブレーンが私案を出してきたんだけど冗談じゃない。
都民、国民を愚弄するのもいい加減にしてほしい。
築地を営業したまま再整備をするのは過去に断念してるんですよ。
平成2年に築地市場再整備設計基本法というのが出来て、工期は14年掛かり総工費が2380億円とその時試算された。
で再整備に着手したんだけどやっぱり工事が進まない。
何故かというと狭いんです。
そもそも移転を言い出したきっかけもそうで老朽化もあるけど狭い。
一旦やりかけたんです。
その残骸が今も築地の中にあります。
この時2千数百億円と見込まれていたものだったんですが結局断念せざるを得なかった。
何故かというと業者の人たちは自分たちの仕事を止めたくない。
でいろんな方法がその時検討されて例えば当時非常に新しいと言われたメガフロートを作ってそこに店舗を少しずつ動かして進める事も検討された。
つまり種地が無いんですよ。

業者の本音としては要するに動きたくない。
営業を止めたくない。
お店というのはロケーションを変えてしまうとお客さんが減ってしまったりという心配もある。
結局事が進まず工期の遅れが嵩んでその整備費は膨らんで行った。
この時に改めて着手してからの額を試算してみたら3400億に一気に増えてしまった。
結局業界の調整が難航した。

築地の中には簡易の保管所がある。
買った荷物を保管しておくだけの場所。
例えばそういうところをどうするのか?
或いは冷蔵庫のような大きなものをどうやって動かすのか?という事だけでも難航して14年の工期が掛かるという試算だったんですがとてもじゃないけどそれじゃあできないという事で逆に業界側から「これはやっぱり移転しましょう」という話になってきたという経緯があるんです過去に。
それでも400億という保障費を掛けてる。

つまり豊洲移転に至るまでのこの築地市場の問題というのは1980年代に消防庁が「大変危険な施設である」という警告を発したところから具体的に始まってるんです。
ですからもう40年近くこの問題があり、今度石原都政になり豊洲に決めて土地を取得するんだけどなんでこんなに多額のお金をかけて土壌汚染対策をしたのかというとこの時も政争の具にされたんですよ。
共産党はずっと移転反対を言ってます。
それに乗っかるような形で当時の民主党も含めて「とにかく危険なんだから法令以上の対策をしないと安心が得られないんじゃないか?」という事で石原都政はそこに詰め寄って詰め寄って「じゃあできる限りの事をやろう」と言ってやった結果が今に至ってる。
また対策もより厚くしようという事で費用も膨らんだり色んな事をして今日に至った。
だけどようやく市場の人たちもみんな、反対派と言われてた人達も「みんなで移転しようね」と纏まってたところを全部ちゃぶ台返しをしたのが今。
そして今ようやく世論が変わってきて「豊洲市場が出来てるんだから移ればいいんじゃないの?」となってきたのに「築地で再整備したら数百億でできる」ってやれるものならやってみろよ。
あまりにもバカにし過ぎてる。
出来上がってるものがあるのになんでそんな二重投資をするの?

豊洲に移転すると築地は取り壊します。
でその一部に、今もう既にちょこっと出来てますけど飲食街を中心にした築地魚河岸という市場の跡を残した飲食街が出来るんだけどそれ以外に今の築地市場の青果棟の部分を使って環状二号線という道路を作る。
これがオリンピック期間中は選手村とスタジアムを結ぶ道路になる。
オリンピック後には東京港からのメイン道路の役割を果たすことになるという湾岸の再整備の一環でもあるんですがこの道路が今プツッと切れてしまってる。
東京五輪を招致するにあたり、これ国際条約になってるんですよ。
書き込まれてるんです。
要するにその間を交通の渋滞やなんか関係無く10分くらいの時間で結びますという事が書き込まれてるんですよ書類に。
ですから小池さんが就任した時、首長になるという事は確かに小池さんが言うように立ち止まって考えなきゃいけない案件もあると思う。
だけどこれは影響があまりにも大きすぎます。
じゃあそうしたオリンピックの国際公約的なものも果たさなくていいんですか?
共産党が言うように「五輪よりも生活だ」ってそれでいいの?
要するに首長というのはそれまでのマイナスの部分があってもそれを引き受けてどうやって前に進めるかって事を考えて実行する人です。
例えば一生懸命標的にしてた石原さんが知事になった時東京都は財政再建団体一歩手前だった。
今みたいに豊かな東京じゃなかった。
僕たちは昔も今も豊かだと勘違いしてますがそうじゃなくて財政火の車だった。
それを石原さんが財政健全化させた。
もしその方向に向かわなかったらどうなってたの?
それはそれで自分で引き取って、そしてあの時にやりにくい仕事もしました、職員の給与カットという。
こういうところも含めてやるのが首長だしそれが行政の継続性、連続性という事でしょ。

オリンピックという大きな国際公約、これをしてしまった。
昨年も会場をあっちに持っていく、こっちに持っていくと言って混乱させて結局何も無かった。
これについても国民、都民に対して何の説明も無いまま終わってる。
そして市場問題も環状二号線を挟んでオリンピックの問題でもあるんですよ。
そういう意味で最早東京ローカルの問題に留まらない。
某ゼネコンによると年内に片が付けばまだ頑張って間に合わせますと言ってる。
しかし元々の計画では去年の11月7日に豊洲に市場の方々が移転し、築地市場を壊しそして先月2月には環状二号線の工事に着工する予定だった。
これが全く遅滞してる。
そして「オリンピックについて様々な事柄を三月末をめどに色々決める」と小池さんは言ってましたがこれも遅滞してる。
最早この問題にまで発展してる。
この上更に「築地の再整備に数百億」という私案を出してきてまたメディアで話題を蒔こうというのはハッキリ言ってとんでもないです。
目的が何なのか分からないし都政だけじゃなくて日本そのものを混乱させかねない。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。