「昭恵夫人側が関与」、国有地値下げで籠池氏証言

10fee14a7ebfc129848fbfc196a9adf7.jpg
本当にこの国有地は安かったのか?
この土地は8700平米なんだけど財務省の出先機関である財務局がここを売るにあたって土地の鑑定士に鑑定を依頼したら9億5600万円という値段が付いた。
結論から言うとこの9億5600万円そのものが高すぎたんじゃないか?
そもそも何を基準に値段を決めたのか?
それは名神高速の向こう側、大阪府の道路606号近くの住宅地の公示価格を基に引っ張ってきてる。
この住宅地の公示価格はどのくらいなのかというと大体坪当たり12万円。
正確に言うと12万2700円。
これをベースに掛け算すると大体9億5600万円になる。
それが基準になってるんだけど、この事自体がそもそもおかしい。
小さい土地の値段と大きい土地の値段を同じ基準で算定するという事は現場ではありえない。
どうしても小さい方が高くなってしまうし、大きい方は全部が使えるわけじゃないから大きく安くなるのが常。
加えてこの土地は北の方にある伊丹空港の飛行機の進入路の真下にあって騒音の問題がある。
更に飛行機の邪魔にならないように高さ制限がある。
ですからマンションなどが建てられない。
こういった土地なんです。
ですから住宅地の価格をそのまま引っ張ってくるのはおかしい。
だから元々の値段が高く設定された。
ある意味で森友学園は高値掴みをさせられてる。
それだと色々と文句が出るから豊中市なんかは補助金を出してディスカウントして結果的に2千万ちょっとで売ったという事例もある。
でも補助金が出せないものだからゴミの除去費用という形でお金を差っ引いて豊中市と見合いになるように、まあそれでも森友学園の方は高いんですが。
という形にしたんです。

じゃあ何故そもそもそんな高い値段で設定したのか?
それはその土地の売買の値段を下げてしまう不味いから。
何故かというと公示価格というのは近隣と比較して決まります。
だから低い方に引っ張られる。
そうすると住宅地を持ってる個人の私有財産が大きく目減りしていくことになる、この売買によって。
それは近隣住民から文句が出る。
そしてもう一つ、固定資産税が減っていく。
だから高値にしておく理由、目的があった。
でもそれじゃあ問題が起きるからゴミの除去費用で匙加減をしようという事になった。
じゃああのごみの除去費用の基準はどうなるのか?
産業廃棄物を8770平米で見ていくと、あそこをそっくりそのまま7メートル全部掘りつくしてそれを処理したという事にするとあの金額、8億1900万になる。
「7メートルも掘らなきゃいけないくらいゴミが埋まってるの?」という疑問が当然出るんだけどそうじゃない。
値引きするための方便なんです。

杭打ちをした結果ゴミが出てきた。
これは大変だという事で財務省の出先機関である近畿財務局に働きかけに行くんですがその時に誰が行ったのかというと建設業者、設計業者、そして建設業者が連れてきた弁護士、この三者。

非常に重要な籠池証言が出てきたんだけど「交渉しているやりとりをあなたは知っていましたか?その時点で認識してましたか?」という質問に対して応えてるんですが、認識してないんです。
自分の知らない所で交渉が行われてゴミの撤去費用が決まっていく。
だから大幅にディスカウントされたことに対して「神風が吹いたようだ」と言ってました。
で結果的にディスカウントはするんだけど別にこれは国の懐が痛むわけでもなく第三者の懐が痛むわけでもない。
結果的には森友学園が払わなきゃならないお金。
ですからそこはいくら見積もったっていいわけです、元値を上回らない限り森友学園が払ってくれるんだから。
つまりある意味で森友学園をダシに使った。
国有地転がしみたいな形で背後には金儲けをしようとする輩が居たんじゃないの?
森友学園、籠池理事長を棚上げしといて知らない所で、裏で色々やってそれを食い物にしようとした連中が居たんじゃないの?という事が非常に強く窺える。
とするといくら安倍昭恵夫人に働きかけようが関係無いんですよ。
国会議員もそうだし籠池理事長もそうで、不動産についてみんなど素人。
素人同士が証人喚問したって本当の事なんか出てきません。
メディアだって新聞だってテレビだってそうです。
そういった本質のところを全く知らないから。
或いは取材しようとしないから。
本当のところが見えてこないんですよ。
だから関与なんてのはナンセンス。
関連書籍 国有地入会権の研究 (1968年)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。