米政権が近く上訴。入国規制差し止め「欠陥」

dly1703170005-f1.jpg
トランプ大統領が一番世界で反発が高い政策をどうにかこうにかやろうとしてる。
メキシコとの間に壁を作るというのも非常に論議を呼んでますけどそれは一応メキシコとの問題です。
でもこれはイスラム教徒が多い国を名指しして、例えばそこから優秀な技術者も入れない。
実はアメリカはそういう人を当てにしてる国だからもうアメリカの企業も困って人権という事だけじゃなく実際アップルとかグーグルとかそういう大きな企業も困りきってる。
でもトランプさんは絶対にその手を緩めずに、裁判所がこうやって一生懸命止めても最後の最高裁に行った時に勝てるんじゃないかと思ってる。
そしてこのニュースの本当に意味するところはトランプさんは四年で辞めるつもりが一切ないという事。
四年で辞めるんだったら自分の支持者なんか別にいいんですよ。
こんなに揉めるんだったらこういうのを置いといて違う事をやろうとするはずでしょ?
でも四年後に選挙をやろうと思ったら今回支持してくれた白人層はやっぱり移民に反対しテロを非常に恐れ、つまりキリスト教徒の白人層は狙われるというイメージがあるからそういうところにウケる政策は何が在ろうと絶対にやるという事は再選に出るという意思表示と同じです。
だからトランプさんとの付き合いは基本的に8年続く。
少なくとも覚悟した方がいいというニュースです。
関連書籍 タフな米国を取り戻せ: アメリカを再び偉大な国家にするために (単行本)
関連記事

コメント

非公開コメント