米原子力空母がプサン入港、国政混乱も。北朝鮮牽制

sty1703150009-f1.jpg
朝鮮動乱という一つの大きなものが日本から見えるところで生じてる。
そこには謀略なんかも沢山あるんでしょうが、まず大統領の罷免が法治国家として非常に疑問がある。
最高権力者の罷免が明らかに憲法に抵触するんじゃないか?という様な分脈で起こってる。

日本でも小池さんが独断で豊洲を延期したという経緯がある。
法治国家で一番大事なのは手続きです。
手続きの正当性が大事なのであって、中身がどうこう以前に一番死守しなきゃいけないのが手続きなんですよ。
この手続きの部分に対して緩くなっていく。
ヨーロッパはしょっちゅうこの問題をやりとりしてきた。
宗教戦争だったり王様の首をちょん切ったりしながら。
でも我々アジアの人間はそこは非常にナイーブなのでデモクラシーが色んな国で根付かない。
その理由の一つは人治的な状況のままデモクラシーが何となく入ってるから。
そうするといざ政変が起きたり不安定になると人治がウワッ!と出てくる。
或いは国民の空気でウワッ!と法律なんかどうでもよくなっちゃう。
我が国はそうならないのか?となった時に今のこのテレビの無茶苦茶さとか小池都知事のやった独断というのは「韓国はまたあんなことやってるよ」と笑ってられない。
僕は結構怖いと思ってます、この国の10年。

今の朝鮮半島の動乱を視野に入れながら話をすると必ずみんな凄くテクニカルな軍事的な話をしたがる。
そこも大事です。
大事なんだけど朝鮮半島のある種の朝鮮半島らしさってあるじゃないですか?
要するに次々と大統領が罷免されるとか、北は北で今だに王朝ですよね。
南だって王朝っぽいんだけど北は王朝そのものでしょ。
これがもしかしたら一つになってぐちゃぐちゃになって、半島統一と言えば聞こえはいいけどあそこに一つの王朝がまた新たに誕生する可能性だってある。
或いは韓国自体が今大統領選挙を控えてますけど次の大統領によっては本当に北と親和していくかもしれない。
そういう中で考えなきゃいけないのは移民の問題とも絡みますけどやっぱり21世紀になったくらいから日本はそれに逆に近づいて行ってると思う。
日本のテレビポリティクス(テレビを意識した政治活動)というのは例えばアメリカなんかのテレビポリティクスとももちろん共通点もあるけど日本のテレビがリードする一種のデモクラシーというのは凄くアジア的で隣りの国と段々似たような状況になってきてる。
つまり政治そのものを完全なゴシップとして扱ってる。
政治というのはシステムと手続きがとても大事なんです。
よく言われる「日本は決められない国だ」とか「決められない政治、決める政治」と言うんだけど決めるというのは何も誰か一人が独裁者的に「はい私はこれが好きだからこうします」という話じゃない。
「私が豊洲が嫌いだからみんな豊洲に行っちゃいけません」みたいなこんな独裁はあってはならない。
ああそうか、日本の文脈だとそれが決められる政治になるのか。

国家として何をどう決断するのかという事にはそれこそ万機公論に決すべしじゃないけどそれがデモクラシーでしょ?
要するにそういうシステムとして国会があり、総理大臣という行政の長が居るんだけどちゃんと国会に掛けて国会での審議を経てそこで色んな事が決まっていって行政執行に至る。
これが無かったら独裁国家になってしまうんですよ。
独裁国家はそりゃあなんだって決められますよ。
だけどそれでいいんですか?
だからシステムが非常に大事なんだけど今のテレビは人治を越えてさらに情治国家、日本が情治国家化するためのリード役を一生懸命やってる。
全部センチメントで事が決まってしまう。

小池都政そのものの何を一番問題にしてるのかというと彼女が移転の延期を議会にもかけずに決めたこと。
これもみんなもっと恐ろしいものだと思ってくれないと困る。
だけどテレビは全くそういう事を批判しないまま半年間小池応援団だった。
小池さんに対して何の思い入れもありませんが、こんなやり方をする人だったのかとびっくりしました。
背筋が寒い。

朝鮮半島が、だんだん北と南が一緒になっていく。
その中でガラガラポンが起きるかもしれないって他人事みたいに見てるけど、いや日本の中にだって段々中性子爆弾のようにそういう情治国家的な物が入り込んできてる。

しかもテレビが物凄く煽る。
国民全体、日本人は相当冷静で1人1人は手続き重視派なんです。
コンセンサスをどう作るか?物凄く我々日本人は神経質。
こういう感覚で小池劇場を見てるのでワアアっと熱狂はしない。
小池さんの支持か高いと言ってもそれこそ道理を尽くしてきちんとした情報を国民に入れ続けたら一瞬で小池さんの都政は瓦解します。
そのぐらい日本人は冷静なんだけど、冷静じゃない人たちが集中してる場所がある。
そこだけで、要するに国民が熱狂してないのに画面の中だけですごい熱狂を作り続ける。
森友もそう。
テレビの中って日本じゃない変な空間だよ。
あそこだけで一生懸命日本人が殆ど問題にもしてない事を延々と問題にし続け話題にし続ける。
一体どうなってるんだろ?このテレビは。
むしろ最近怖いレベルに来てると思う。

日本のテレビはかなり異常な事態になっていて且つ報道としてではなくて情報バラエティー番組みたいなのでどんどん政治を扱う。
その理由は政治番組はコストも掛からないしそこそこ数字も取れるから。
それでそういう番組をやる。
そうすると全く事実に基づかないような事が情で語られ、事実と違う事がどんどん事実であるかのように放送されてしまう。
そうするとさすがにある程度教育水準も高い日本国民でもあれを毎日見てたらちょっと考え方おかしくなりますよ。
だからテレビというのはそういう洗脳的な力を持ちうるわけだけどそこから流れてくることが全く半島にあるような気質、そして僕たちから見るとあまり望ましくない。
そういうものがどんどん日本のテレビから流されてきてる。

政治にはもちろん政治闘争的なものもあります。
でも日本の場合一番堅持しなければいけないのは民主主義のシステムなんですよ。
民主主義という何かぼんやりとした理念じゃなくてシステムそのものが瓦解した時、僕たちの手から民主主義は無くなります。
関連書籍 なぜ民主主義では報道の自由が大事なのか? 東京都知事選挙を振り返りながら解説します! 【橋下徹の「問題解決の授業」 Vol.17】
関連記事

コメント

非公開コメント