セックスロボット、年内にも市場に?

セックスロボット、年内にも市場に
AIは人間の感情を持つコンピュータです。
ですからAIが載ったセックスロボットというのは本当に付き合ってるうちに恋人になってくれるロボットなんですよ。
それは心からそうなってくれるから、だから自分もロボットを愛せるようになる。
これがAIというものです。

今皆さんが考えてるAIは何か機械的に動作するものだという事なんでしょうがそうじゃない。
ですから今後出てくる女性型のセックスロボットの場合は例えば気の強い女性、優しい女性という選択があってそれでプログラミングしたらそういう性格を持った普通の女性と全く同じ感情反応をする、それも臨機応変にする、そういうロボットになると思うのである意味ではセックスが無くなるかもしれない。
例えば男性が女性と付き合う時「わがままな女性は嫌だ」と思ってるとします。
それから女性が子供を産むとき、痛いので出来れば体外で産みたいと思ってるとします。
そうするとAIの技術と材料の技術と遺伝子の技術を組み合わせ、あと30年くらいするとだれも結婚しなくなって男性は皆セックスロボットと一緒に生活する。
女性は薬局で好きな精子を買ってきて自分の卵子と共に体外で受精させて子供を作る。
そうすると女性は痛みも無く危険も無く人生を送ることができるので、男性の希望と女性の希望をそれぞれ満たすことが出来てそれを良しとするならこうなっていくでしょう。
体外で子供を作ることは絶対に実現しますよ。
妊娠中は動けないし産むときも危険を伴うわけだからそれを避ける方向に進むのでいずれ全てが体外になるでしょう。
だから子宮が要らなくなる。
男性も女性ロボットと結婚するという事になるんじゃないかな。
その場合、AIから嫌われるシチュエーションもあるはず。

AIが人間の頭脳を越える、というか絶対にそうなっちゃうと思うんだけどそうなると自分の思った通りに動いてくれるという事にはなりませんよね。
それは自分より劣ったロボットに限られる。
自分より優れたロボットが出来るともちろん殺すこともするしなんでもやる。
しかも男の心をどうコントロールするのかという事も必ずやり始めます。
それで男は悲惨な思いをすることもあると思う。

AIにフラれるのは嫌だなあ…
関連書籍 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
関連記事

コメント

非公開コメント