豊洲延期、法的措置を示唆。石原氏「小池知事に責任」

2017030701001915.jpg
瑕疵担保責任というこのいかがわしい言葉を一生懸命押し立て、分かったような顔で記者が質問してましたけど質問してる本人が一番分かってないと思う。
東京ガスは企業ですから法令に定めてる基準を最低限クリアするだけの土壌汚染対策以上の事をやって売ったら逆に株主から突き上げられますよ。
むしろこの事が佳境に入った時は民主党でした。
で民主党勢力の中にはこの件に関して反対勢力もあった。
そしていろんなやりあいをした中での一番中心に立ってた人も言ってますが、石原さん自体の行政の長としての手続きには全く問題が無いんです。
更に土地の購入に関して言うと東京ガスはもともとこの土地を別の用途に使いたいという事があったので売りたくなかった。
これは取引ですから売りたい側と買いたい側の条件でどうなるかという話。

石原さん当時も安心のための土壌汚染対策というのをやった。
それにかなり多額がつぎ込まれたんだけど、むしろずっと遅々として進める事が出来なかった。
あえて言います。
今までは築地で働いてる人たちを棄損したくなかったからあえて言わなかったんだけど築地に関して悪く言う人は「あそこは築地動物園だ」なんて言うわけです。
ネズミが居る、猫が居る、鳥が居る。
そういう劣悪な環境の中にあってもあそこを通ったものが重大な食中毒を起こさないのは築地の人たちがマンパワーで頑張ってるからなんですよ。
そんな状況から一刻も早くちゃんとした環境に移ってもらいたい。
もちろんそこには条件が色々あります。
使用料が高くなるとか色々あるけどそれも含めてできるだけ早く前に進めようという事の中で石原さんはむしろ良い事をやったのに、全く本来の安全性とは関係無いところの問題を持ち出して、盛土に関しても小さな手続き上の問題を持ち出し針小棒大にしてあたかも新しい豊洲市場に問題があるかのような、実は問題が無いのに。
で石原さんがやってきた行政の長としての業務執行、或いは裁可に責任があったかのように作り上げてる。
つまり巨大な風評を作り上げてるのが小池劇場の正体です。
全然これは実態と違います。

仮にこの交渉の過程で誰かが不当に良い思いをしちゃった。
つまり斡旋利得とか収賄があったんだったらそれはそれで追求すればいい。
だけどそれが新しく出来てる施設を使わない理由にはなりません。
例えば道路建設にまつわる事で誰かが賄賂を貰いました。
じゃあその道路は使わないんですか?
全くあり得ない。
安全性はもう既に確認されてるんですよ。
専門家も全く問題ないと言ってるし我々が見たって問題が無い。
それを使わない。
電気代だけで一日数百万掛かり、業者への補償で既に補正予算で50億計上されてる。
こういう事を続ける小池都政の方に問題があると思う。
だけどちゃんとメディアがそれを取り上げない。
問題が無いにもかかわらずあたかも問題があるかのようにして石原さんという個人を言ってみればかなり中傷誹謗に近い事までテレビで言ってる。
かつては権力者だったけど今は一私人であって高齢者である石原さんに対して最早人権侵害のレベルにも達してるようなテレビの言いぶり。
これは大変問題なので今後もむしろ小池都知事の不作為なのか作為なのか分からないけど議会の承認という手続きも経ないで独断で延期を決めたことに対する責任を僕も追求していきたいと思う。

ターゲットを一つ決めたら袋叩きにしようとする。
それを過去の事を色々あれこれ言ってそこへ目を陽動し、今の問題に目を向けさせないというのはもう隣りの国々と一緒。
ちょっと小池さんの謀術にハマってる感があるのでそこは避けた方がよかったですね。
本当はまともに受けて立たない方がいい。
今石原さんは反小池的になってますけど本来はそうなるべきじゃなかった。
完全に謀術にハマってます。
本来は避けるべきだった。
関連書籍 ますます混迷の市場問題! 解決のカギは「豊洲の地下水は飲むものではない」と明確化すること 【橋下徹の「問題解決の授業」 Vol.25】
関連記事

コメント

非公開コメント