中国、ロッテの20店舗超閉鎖。THAAD計画に反発か

中国、ロッテの20店舗超閉鎖。THAAD計画に反発か
日本でも今だに「中国とより経済関係を密にして経済的な面からも交流を促進することでお互いに理解が深まるんだ」とか言ってる人が居るんだけど、それは国民的に例えば日本のブランドが好きとか、或いは韓国の商品が好きとか韓国ドラマが好きとかそういう事はあるかもしれないけど簡単にこういう事も出来る国だという事なんですよ。
だからそういう日本人の甘っちょろい感覚で「経済交流があればお互いの国と国との関係も良くなるだろう」と思うのは全くの幻想だという事をはっきり認識した方がいい。
何回そういう目にあっても日本人は認識したがらない。
日本企業が焼き討ちされたときの事だって何となく喉元過ぎればという感じで忘れてますよね。
だけど韓国にとってこれは相当な打撃だと思う。

韓国の観光業界が中国人観光客に頼る比率は日本の比じゃない。
そういう点でも大きな打撃。

韓国は一応米韓同盟があるからアメリカの陣営なんだけど非常に長く歴史的には中国に隷属してきた。
だから強い態度に出れば出るほど、まあ多少は反発しても最終的には事大主義とよく言われるように阿(おもね)ってくるだろう。
中国は韓国の存在をそういう風に見て、こういう時にはとにかく非常に強硬な形で頭を押さえてくる。

大体韓国の歴史はここ2000年以上こっちに付いたりあっちに付いたりという手のひら返しでこれは国技中の国技ですから。
だってつい数年前まで韓国の大統領は習近平の従軍慰安婦と言われてたぐらいでしたから。
そのぐらい蜜月だった。

そもそも韓国が中国に擦り寄って行ったことが問題。
アメリカとの同盟があるんだから必ず北朝鮮問題で中国とぶつかることくらい分かりそうなものだけど。

なんでこういう事に触れたかというと僕たちの感覚ではいくらなんでも日米韓の側に居るだろうと。
韓国という一見一応自由な社会。
まあ自由じゃないけど。
その自由で反映してる社会を維持するためにも「こっち側の陣営であるはずでしょ?」と。
だけどちょっとした駆け引きのために中国に近寄ったフリをしてるだけでしょ?と皆さん思ってるでしょ?
そうじゃないんです。
だから中国は思いっきりこれだけ強く出てもひょっとしたらこういう事を繰り返してるうちに、歴史的な習性からして韓国は本格的にこっちに来るという風に思ってるし、韓国の内部の非常に深くから北と一体化していくような工作がずっとかけられてます。
それは最近特に顕著、大統領選の候補を見ても。
こういう工作が進行してる事は中国側は詳細に掴んでる。
青瓦台(韓国のソウル特別市鍾路区の北岳山の麓に所在する大統領官邸)の動きも全部中国に筒抜けです。

中国は中国で今年共産党大会を予定してますから韓国に舐められてると思われたくない。
だから共産党大会が終わるまではそういう政府を揺るがすものは徹底的に排除していくというモードに今中国は入ってる。

朝鮮半島が段々、中国の南も含めて北と一体化していくことによってうまく中国の勢力圏に入ればそれは中国にとっていいかもしれない。
だけど北朝鮮がミサイルの威力を上げてきた。
更にそれに対抗するようにサードを配備された。
こうなってくると中国からすれば朝鮮半島自体が自分たちの脅威になっていく。
今まではそこをどんどん取り込んで行こうという事で工作を進めてきたんだけど全く違う構図になってしまってる。
むしろ自分たちの方に返って来ちゃって、旧満州地域の朝鮮族もみんな糾合してもしそっちで独立運動が起きてしまったら大変な事になる。
そういう意味で中国にとっても非常に緊張感のあるフェーズに入ったという事が言える。
関連書籍 中国の論理 - 歴史から解き明かす (中公新書)
関連記事

コメント

非公開コメント