司会者、トランプ氏を批判。米アカデミー賞授賞式

司会者、トランプ氏を批判。米アカデミー賞授賞式
なんで不法移民排除を人種差別主義に繋げようとするのかなあ?
壁を作ることに関しても、それ自体をある種の象徴みたいに取り上げて「メキシコとアメリカの間に壁を作ることは人間と人間を分断する事だ」というストーリーにするわけです。
これは日本の左翼もリベラルも一緒だけど。
かつてはその手の情報の流し方やその手のスローガンしか聞けなかった。
でも今インターネットの時代になって1人1人が情報選択できるようになった時、「不法移民に対する取り締まりをして行こう」という話をいきなり「人と人との間の壁」というストーリーにされた時にもう一般の国民は騙されないし付いて行かないという現象がアメリカの間でも日本でも起こってるという事。

不法移民で苦しんでるのは実はアメリカだけじゃなくてメキシコ側もそうで、南から、ベネズエラ、コロンビア、グァテマラ、ニカラグアからの不法移民が凄い事になってる。
今メキシコは労働者不足です。
だから逆にメキシコ国内で仕事が凄くあるためにカリフォルニアなんかにはかつて不法移民も含めて沢山入ってきてた。
それが今は入ってこなくてカリフォルニアの農場が人手不足で困ってる。
その元を辿るとメキシコ国内にすごく仕事があるから行く必要が無い。
むしろメキシコは労働者が足りないからそこにもっと南から入ってきてるという構図。

国家があります。
国家というのはリベラルな人たちから見ると必要悪。
だから潜在的には否定したい。
そして「人類皆兄弟なんだから国境という壁は無しでリベラルに行き来をします」と。
そういう風に地球全体が一つの星になっていく。
友愛ですよ。
大きな理念としては結構なんだけど実際に移民というのは秩序があって文化がある国家というものに何らかの意味での由来があってそして法が機能するわけですよ。
地球という単位で法を機能させるのは今の人類では絶対に不可能です。
そうすると世界の国境を無くすという事は基本的に地球全体を無法化していく。
つまりカオスにしていくという事にしかならないので地球がリベラルにならない。
だから理念として国家という壁が人と人を隔てる事があるという話は大きなストーリーとしては結構だけど現実に移民が何をしたか?
例えばゲルマン人の大移動を世界史でやったじゃないですか。
つまりローマ帝国という大きな帝国をたった数十万人の民族移動が当時起こっただけでそれをきっかけにあの大帝国が一瞬で崩壊していく。
少なくとも百年で崩壊したわけでしょ。
そうすると今世界中できちっとした法治国家を作りきれない。
それからきちっとした経済を回せない国々がそうでない所に向かって不法にどんどん移動してるという事は世界中のローマ崩壊化を招く。
だからEUもそれで苦しんでるしアメリカも放置し続ければ同じ現象になるわけでしょ。
だからやっぱり強い国境や強い国をどれだけ今地球が維持できるかというのは逆に地球全体としての安全保障を考えた時にはむしろプラスなんですよ。
だってどの国もが移民で弱体化したら、その弱体化した国からどこに移動するわけ?
だから強い国、強い国境を作っていく事こそが人類愛なんですよ、間違いなく、どう考えても。
ヒューマニズムを担保するためにある種のナショナリズムが必要なんです。

だから国境の無い世界はハリウッドの世界で沢山映像で撮って映画でやってくれたらいいんです。
現実の世界では国境の壁を作って国境が安全に守られながらみんなハリウッド映画を見てうっとりする。
これでいいんだよ。
住み分けをちゃんとしろよ馬鹿どもという感じ。
そんなの幻想だよ。

国境の壁を無くしてグローバリズムというものがどんどん進んできたときに何が起きてるか?
結局地球規模で格差、上と下がどんどん引き離れていく。
その一番上の上に立っているハリウッドスターやハリウッドセレブが自分たちは警備員に守られて凄いセキュリティーの付いた豪邸に住んでて「いや不法移民を締め出すなんて可哀想ですよ」なんて言ったって一般の人たちは怖いわけです。

隠れトランプになってる部分はあるけどトランプさんをある程度底堅く支持してる人が居るのはまあ当然かなとも言える。
国家とは?主権とは?という非常に根源的な事をこの人は問うてるし、最初この人は考えられない乱暴者を演じてた。
そしてかなり攻撃的な言葉で壁を作る云々という事を言った。
「この人バカじゃないの?」とみんなが思ったんだけど今となってはそれを攻撃した人たちがよくよく考えるとバカじゃないの?という風になってきてる点で、やっぱりこの人は大変な知恵者ですね。

最後まで知恵者なのか?
それとも最後はちゃぶ台返しをする男なのか?
それが分からない怖さもみんなに持たせているという点でやっぱり目が離せない人ですよ。
関連書籍 あなたに金持ちになってほしい
関連記事

コメント

非公開コメント