トランプ氏、ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ

トランプ氏、ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ
トランプさんは「フェイクニュースメディアと俺は戦う」と言ってるのであって、ニュースメディア全体と戦うとは彼は一言も言ってない。
例えばCNNやニューヨークタイムス。
こういうところは嘘を平気で書くから、トランプを引きずり降ろすために。
だからそこと戦うのは当たり前。

それからトランプさん自身が「ホワイトハウスの記者会は特権的だ」という事でメンバーをもっと増やして地方のメディアにも開放しようという考え。
そして早速そういう風に変わりました。
インターネットで繋いで地方の新聞やラジオの質問を受けたりしてるんです。
今までは日本の記者クラブ制と一緒で一部の特権的なところだけがアクセスできるから良くない。
安倍さんだって本音では「朝日新聞嘘つくな」と言いたいんでしょうけどそこまではなかなか言えない。
ところがトランプさんは本音で言ってて、「嘘つきメディアはフェイクニュースを流すな」と言ってるだけですから。
何も悪いところは無い。

例えばアメリカメディアが「中東七か国から一時的に入国を禁止した」と批判的に報じてましたが当たり前です。
むしろ遅すぎた。
しかもその七か国を決めたのはオバマさんだし。
オバマさんなんて同じ入国禁止令を何回も出してる。
それなのにトランプがやると「けしからん」。
または「イスラム教徒を入れないのはけしからん」ってそんな事ない。
他の40数か国からどんどんアメリカに入ってる。
なのにそういう嘘を平気で流す。
だからそれに対してトランプさんが怒って「お前はフェイクニュースメディアだ」と言うのは当然でしょ。

戦う大統領で、戦ってるから評判が悪い。
特権的なホワイトハウスの記者会なんてものは、今の形を潰してやろう。
「もっといろんなメンバーを入れようじゃないか」という事をやってるのでこれは当然の事で大統領は偽ニュースメディアと戦ってます。
そういう目で見ないと。
ただトランプのやってる事は乱暴じゃないかというのは違うと思う。

吟味しないといけない。
全メディアを否定してるんじゃなくてフェイクニュースを流すメディアと俺は戦うぞと言ってる。
それがまた間違って伝えられる。

メディア自身が物凄い権力を持ってる。
しかもその権力を完全に恣意的に使ってる。
日本のテレビ局、NHK、民放含めて放送法遵守なんか全く考えてない。
自分たちが「こう言いたいんだ!」という事を嘘でも捏造でもとにかく言う。
放送法では賛否ある意見は両論を同じ時間流さないといけない事になってるんだけど全然無視です。
自分たちが言いたいことを代弁してくれる人物しか地上波は出さない。
関連書籍 「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方
関連記事

コメント

非公開コメント