致死量超えるVX吸収か?金正男氏暗殺

dad87b9949e5a5c0aba561858a4dc493d8abc04ed88ebf848762c8a2f99b4b81.jpg
ニュースとしては皆さんご存知だと思うんだけど問題はこのニュースが意味することで、まずVXは自然状態では液体なので嫌な言い方ですが使いやすい。
オウム真理教事件の時に使われたのは皆さんご承知でしょうが注射器というのかスボイドというのかそれを使い被害者の後頭部にVXを垂らして殺害した。

オウム真理教自体があまりの毒性の強さにビビってしまってそれでVXよりもサリンに集中するようになったという見方が捜査当局にありました。
そういう事があって実はオウム事件は日本国民が思ってるよりも世界のテロ対策への影響は非常に大きかった。
或いは武器体系に対する影響も大きくて、VXは基本的に原材料から含めて現実には相当厳しく取り締まられてる。

何が言いたいのかというと犯罪者集団がこのVXガスを作るのは極めて困難です。
というか無理。
という事は国しかない。
それなのに北朝鮮がバレバレでVXを使った。
VXの特徴が全部に現れてる。
皮膚から吸収されるまでは歩けるんですが一旦吸収するとあっという間です。
手の施しようがない。
死に至る過程を止めるのは絶対に無理。
他にもそういうものがあるけどいかにもVXらしいものをカメラに映るのも全部承知でやるというのは、これは一つのアメリカへの警告だと思う。
「アメリカよ、もしも攻めてくるならお前の国にも日本にも西洋諸国にも我々の工作員は居るぞ。そして北朝鮮から遠く離れたクアラルンプールでも使えるんだ。場合によっては現地製造も出来るぞ」と。
北朝鮮だけがその原材料を確保してる。
という事は「我々の国に手を出すんだったらアメリカや日本やイギリスやフランスで、お前の友達の国で普通の市民がVXで倒れるぞ」と。
これは金正男暗殺事件の隠れた非常に大きな特徴だと思う。
これは現実ですよ。
そうすると僕らは考えなきゃいけない事が一杯あって、まず日本でテロ対策というとやっぱり爆弾テロとかそういう発想になりがちなんだけど北朝鮮が持ってるもう一つ非常に大きなものとして生物兵器、中でも天然痘ウイルス。
1980年に天然痘は撲滅したというWHOの報告があった。
これが悪魔的な話ですけど真逆になって、という事はそれ以降ワクチンを保有しなくなったり、見た事がある医者が居なくなります。
という事は兵器にすると一番値打ちが上がる。
医者が対処できないし、何より重大なのが天然痘を見た事がある医者が居なくなる。
1980年に撲滅したからもう37年前。
現実に日本には基本的に居ない。
前は二人居ましたけど二人とももう居らっしゃらない。

赤い斑点が最初に出ます。
綺麗な斑点ででっぱりも無い。
痛くも痒くもない。
だからこういう斑点が出ても医者は「何か食べ物に当たったんでしょ」と言って薬をくれるけどその薬がビタミン剤だったりするわけです。
それがやがてぐちゃぐちゃに腐り始めてダアアアアっと全身に広まってその頃になるともう痛くて痒くてしょうがない状態になる。
その時にはザアアアアッと天然痘が広まってる。
一つ言っておくと厚生労働省は実はワクチンを保有してます。
全人口分はありませんがこのワクチンは薄めてもかなり効果があるので対処は出来る。
という事は最初に患者が東京で報告されてすぐ天然痘だと分かったら、周りの健康な人にワクチンを投与する。
そこで止まります。
するとテロ自体がそこで止まる。
ところがこれが遅れるとどこまで行くか?
飛沫感染と言って唾に乗っかるのでどこまでも広がり、兵器化されてて潜伏期間も計算されてるから感染した人が友達と昼めし食ったり家族と家で会ったりする。
で家族の子供が学校に行く。
それから奥さんが仕事に行く。
するとダアアアアっと広まる。
あっという間に内閣総理大臣や皇室に広まってもちっともおかしくない。
VXだけじゃなくて北朝鮮はそれを保有してる。
その状況下で北が大混乱になった時に今拉致被害者があの飢えた国で栄養状態も恐らく万全じゃない状態でいらして、しかも最後に北がどういう措置を執るか分からない。
散り散りバラバラにするかもしれない。
その時に今の体制だとまるでアメリカ軍にその救出をお願いするような体制になってる。
だからそもそも自衛隊が拉致被害者の奪還に向かうこと自体が実は今の憲法でも国際法が認めた戦争じゃないし海外への武力行使に当たらない自国民の正当な救出行為だけどその話を今もう一度するよりもまずは大混乱になった時どうするか?
早ければそれが春にはあるかもしれないから。
その時に必用なのは自衛隊だけじゃなくて警察官、そして厚生労働省の派遣によるプロの看護師たちの存在が必要です。

今まで見た光景と思っちゃダメです今は。
見た事の無い光景が実は今進展しつつあって、そうすると取り返しに行くだけじゃなくて助けに行くときにアメリカ軍の軍医に任せるんですか?
そうじゃなくて必ず日本のチームでやらなきゃいけない。
それをやらなかったら国としてお終いですよ。
何より必要なのは今訓練を始めるべきです、目に見えるように。
自衛隊と警察と厚生労働省を含む看護師。
本当は消防官の方々も、もちろん海上保安官も。
そういう全ての統合チームを今すぐ官邸の指導力で編成し、目に見える訓練をする。
そしたら100%間違いなくBBCもCNNも必ず報道する。
日本の報道は拉致事件なんかめったに報道してくれないけどこの絵があってしかもこのタイミング。
あれ程トランプさんに嫌われてるCNNでも実は情報機関に食い込んで情報取ってるから意味が分かります。
そうすると北朝鮮の姿勢自体が、仮に3、4、5月何も起きなくても日本はいざとなったらそうやって自衛隊を核とした部隊を送り込むと分かったら、外務省が苦労してる話し合いも今までと違う進展があるんですよ。
こんな事僕ごときが言わなくてもごく自然に意見が一致する話だと思うんですけどね。
関連書籍 疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)
関連記事

コメント

非公開コメント