石原慎太郎「豊洲移転の経緯」2

n-SHINTARO-ISHIHARA-large570.jpg
今の都庁の職員の人たちの事も石原さんは大変気遣ってます。
「思うように仕事が出来てるのかな?」という事ですよ。
というのは小池さんが顧問団と言われる人たちを引き連れて都庁に乗り込んできた。
こういう人たちが色んな形で今までの都政はあたかもダメなんだという感じでやっている。
この顧問団に対しても色々疑義を呈したいところはありますがそれはさておきこういう人たちが言ってみればGHQの様にいきなり外から乗り込んでくる。

きちっとした機構があり権限がある。
そこでの人材で仕事を回すというのは基本でしょ?
そういう点も含めて「実際に都庁が機能してるのかな?」というむしろ先輩としての危惧みたいな面の方が小池さんについては石原さんの発言で多い。
「うまく使った方がいいよ」と。
で職員があんまりびくびくして自分たちの発想や力を発揮できないようだとそれは痛ましいとも言ってます。

東京都は顧問を迎えるのにもルールがある。
そのルールの中で普通に仕事をしてる分には問題は無いけど、ややもするとそれを越えてるんじゃないかという声も聞きます。
そういう事も含めて都庁の中の雰囲気というものを石原さんは随分心配してました。

都として決断した。
最後の決断はもちろん都知事ではあるけどそういう責任の上に移転は決まっていたことで、小池さんが一人でそのすべてを独断で止めたことに対する責任の方が全く常識的には問われるべきだとしか思えない。
本当に築地の人たちは気の毒です。

風評の前に科学が・・・
日本のように先端の技術の優れている国が、しかも最高の学者たちが言ってる真実が白なのに黒にされてしまう。
科学そのものが一部の政治家の作ったセンチメントにひっくり返されるというのは恐ろしいですよ本当に。
非常に残念なのが選挙を前にして豊洲の問題がこういう風にこじれて投票の是か非かを問われたときに是とすることを言いきれない議会の沈黙というのは本当に残念。
やっぱり政治家には政治家の責任があるし、進退をかけて言うべき事を言ってもらいたいと思う。
政治家である限りそこは都民のために戦ってほしい。

石原さんは小池さんに対して「公開の席で二人で話そうじゃないか」と言ってます。
それを小池さんは断ってます。
しかも断る言い訳が「そんなアングラでやるのは嫌だ」って全然アングラじゃないです。
公開の席で二人で話そうと言ったんですから。
これは凄い典型的で、例えば視聴者の会が公開討論を持ちかけても左翼ジャーナリストの岸井さんや鳥越何とかさん他はとにかく土俵に上らないで悪口を言う。
土俵から外れた所で風評被害を起こさせる。
でも目の前の公開討論では田原さん以外は全員逃げ続けてる。
小池さん、これとそっくりじゃないですか。
何度も言って申し訳ないけど石原さんは84歳になって且つ言葉だって脳梗塞ですから不自由になってる状態ですよ?
そういう人が「公開の席で小池君、さしでやろう」と言ったときに断る。
それで百条委員会に召集?
どこまで卑怯者なのこの人。
でしょ?
だって議会に呼ばせてそこで人民裁判みたいな演出をするわけでしょ?
そんなに石原都政にあなたが異議申し立てをしたいならば、石原さんは堂々とVTRでハッキリ言ってるんだから一対一でやったらいい。
というのは豊洲の問題に関して石原さんがやったのは機構決定なんですよ。
それに石原さんは判を押した。
それに対して小池さんは議会の承認も無しにこの問題の延期を決めちゃってる。
この延期を決めた彼女の責任はどうなるの?
議会承認も何も取らず都知事の権限で物凄い巨大な、だって青島都知事時代からの申し送り事項を止めましたという事に対しての責任を彼女はこれから本当に問われますよ。
僕は問い続けるよこれ。

今や今までの盛り土がどうしたとかそんなのどうでもいい。
どうでもよくてまず建物の安全性はちゃんと安全だという宣言が出ている。
そして水の問題は小池さんが自ら言ってしまったように、あの築地ですら仮に土壌が汚染されてても「コンクリートで遮蔽されてるから関係ありません」と言った。
という事は豊洲のように完全閉鎖型のところはもっと関係無い。
屋内なんだから。
という事はここに移るしか本来無い。
そういう事をきちんと自身が理解しないまま独断で止めたんです。
議会に諮ってないんですよ。
議会は事後報告してる。
ですからこれこそがまさに独裁ですよ。
この小池さんのガバナンスに対してもう半年経ちますからね。
この事が正しかったのかどうかをむしろ問いたい。
そして今ちょうど都議会は代表質問が始まりました。
ここでは今回の予算の審議も色々あるんだけど補正予算で既に50億、要するに豊洲の移転が延期になったがための保障のために50億の予算が計上されている。
これは今は市場勘定と言って要するに市場のお金でやりますという事になってる。
しかし恐らくこれはまだ全然めどが立ってませんから50億では足りない。
50億では足りませんとなった時、「これ以上市場勘定で出せません」となる公算が高い。
その時に一般会計から、まさに我々の血税からお金をつぎ込まざるを得ないという事はもう濃厚なんです。
これ誰が責任取るんですか?
小池さん一人が責任を取らなきゃいけないという事になりますよ。
議会抜きに止めちゃったんだから。
むしろ石原さんというのは凄くワンマンに見えるけどそういう手続きを踏んで決めてきてる事だから石原さん独断の責任じゃないんですよ。
むしろ小池さんはあの延期という事を自分で決めた。
この事に対しての責任を今後問われていくでしょう。
僕はその責任を問い続けたい。

特に築地の土壌の問題が急に出ちゃった。
そうするとこれは調べなきゃいけない。
要するに今の豊洲の問題というのは科学の問題じゃなくて迷信の問題でしょ。
つまり地下の汚染。
地下にどんなものが?と言ってもし豊洲市場の安全性が地下水によって規定されるなら、じゃあそこだけ突然毒があるんですか?
そうじゃなくてじゃあ隣りのマンションはどうなんだ?
隣りのマンションから何から全部毒の汚染がある訳でしょ?幼稚園から何から。
もし「あそこで魚を扱ってるから地下水から地下の土壌までが問題だ」という言い方をしちゃったら隣りの幼稚園はどうなるの?
東京中全部調べますか?
日本中全部調べますか?
つまりこの問題を急いで科学に戻しなさい。
政局で7月の選挙までこれを伸ばそうなんてもし小池都知事が考えたらとんでもないです。

要するにこの問題を分かりにくくされちゃったという事がある。
だけど安全性はすでに問題が無い。
ベンゼンが79倍出てきたと言うけど環境基準なんていう飲めるかどうかの基準を適用されたら日本全国すべての市場が迷惑します。
そんな基準で今まで作られてない。
卸売市場法にはそんな事書いてません。
ですから石原さんも言ってたように安心と安全をごちゃごちゃにしてセンチメントで大衆を扇動するみたいな事に実はなってるんです。
これは大変質が悪い。
行政の責任者が科学的根拠が無い。
そういうセンチメントで問題化してしまってその問題が拡大したら日本人はみんな空中で住まなきゃいけなくなりますよ。
という様に科学性があまりにも無いところに持って行ったんだから、彼女が本当に追い込まれないためには彼女はもう科学に話を戻さないと。
風評から科学に軌道修正を一刻も早くしないと選挙まで持たせる前に彼女の側が逆風に晒されるようになりますよ。

ところで皆さん海の家族は読みましたか?
凄く良いです。
小説家としてまだ凄く筆が艶やか。
艶がある。

今日、3月3日に石原さんは記者会見を開きます。
恐らくそこで皆さんの豊洲問題への印象は少なからず変わると思います。
関連記事

コメント

非公開コメント