石原慎太郎「豊洲移転の経緯」

石原慎太郎「豊洲移転の経緯」
石原慎太郎さんは84歳でしかも脳梗塞になった。
その後のリハビリ的な散歩の時に毎朝自宅の前で待ち構えてて庭にまで入ってくるマスコミ。

ある日の報道ステーションを見てたら小池さんの顔が出てきた。
まず言いたいのは如何に豊洲問題が小池さんの非常に政治的な罪を問われるほど酷い状態であるか。
で腹を立てながらテレビ見てたらそこに石原さんが出てきて冒頭のシーンですよ。
それで「石原さんが何とかですから」と小池さんがあの調子で言うわけです。

石原さんは非常に重要な、戦後文学を代表する1人です。
中々そう評価されてないけど。
大江健三郎と石原慎太郎の文学というのは非常にこれからの歴史の評価に耐えると思ってます。
そういう大先輩が84歳で脳梗塞で・・・
脳梗塞ってどういう病気か?
お身内にそういう方が居れば皆さん分かりますよね?
そういう状態の人間を要するに敵認定して公の場所に引きずり出そうというのは本当に許せない。

豊洲市場は何か悪者扱いされてる。
やれ土壌汚染がどうの、盛土がしてあるのしてないのっていやいや見てきたら素晴らしいところです。
今の小池都政のやってる方向性には問題がある。
旧来の自民党都政が良いと言ってるんじゃないんです。
しかし小池さんの今やってる事には首を傾げるところが多い。

石原さんの行政の長としての責任はハッキリ言ってありません。
出ていく必要が無い、本当は。
でも本人が一番「俺は何でも話したい」と言ってる。

石原さんは大変お元気です。
それをまるで「もう全然話も出来ないんだ」みたいに言い、もし話が出来ないくらい石原さんが大変なのであれば気遣うのが普通なんだけど、何か事実と違う事で叩きまくってる。
これは最早石原慎太郎さんという個人に対する報道被害、それが深刻です。
かつて政治権力を持っていた人とはいえ今は一民間の作家でいらっしゃるわけで。
84歳で脳梗塞だったことも含めて考えると、今のテレビを使った虐めみたいなもの。

昨日も昼のテレビでこの問題をやってました。
そこでは豊洲への移転に関して石原さんが都知事時代、13年間ある中の最初の頃に「豊洲じゃなくてもいいんじゃない」と言ったという事がこれまでも伝えられてるんです。
それに対してある人が、まあ政治の事は分かってるみたいな感じで語ってる人なんだけど「そんなのはどっかからパクったんじゃないの?」と言った。
あなたは一体何の根拠で言ってるの?
この人たちは全く何の取材にも基づいて無ければ何一つ石原さんに確認もしてない。
或いは過去の石原さんの発言はたくさん残ってる。
会見のアーカイブもある。
書かれたものもある。
つい最近だって都庁からの、小池都知事からの質問状に対してだって答えてるんです文書で。
こういうものを何一つ読まないで「こうなんじゃないですか、ああなんじゃないですか」というそこら辺の井戸端会議よりも質の低い事で石原さんを貶めてるんですよ明らかに。

だからあまりにも基本的な事実抜きに。
「事実はこうでそこに措いてこういう責任が発生してる」という議論が最初にあればいいですよ。
でも事実関係を調べると驚くほどそこに責任が無い。
少なくとも現在の状態の一民間人に戻った石原慎太郎氏を追いかけまわしたり百条委員会に呼ぶような事をする意味での政治責任はどう見てもこのケースでは無い。
それを風評だけでもっていくという事に対して、石原さんだけに限らず全てそうなんだけどなんで風評によるメディアレイプみたいな事に対してここまで鈍感で、そしてまたそれに乗る視聴者や都民に対しても、もう少し事実というものに基づいて物を判断する冷静さを持ちなさいよと言いたい。
昨日の昼の番組もTBSでした。
要するに野放し状態。
メディアレイプの野放し状態ですよ。
こんな事を地上波のしかもキー局がやっていいんですか?
結局これ色んなところで起きてるでしょ?
例えば今の森友学園の問題だって政治家がもしこの森友学園に安く国有地を払い下げた、そういう政治家の関与の疑惑があるんだったらそこを追求すればいい事であって、その周辺の人たちに対する誹謗中傷に近いようなことをテレビでどんどん流すというのはこれは大変な人権問題ですよ。

報道発表されてる内容だけをトレースしても、石原さんが知事に就任する少なくとも四年前には豊洲という案は浮上してるんです。
それ以外にも豊洲や晴美の開発計画も港湾局は策定してて、結局豊洲の移転というのはこうした湾岸の再開発ともリンクしてますから、石原さんが言ってる通りで要するに知事に就任する前からのある種の既定路線だったという事は残ってる資料、僕たちでも見れる資料からでも明らかなんです。

百条委員会で石原さんが問われてる問題についても箇条書きでいくつかありますが、ああいうものは議会の権限をもってすれば審議会や委員会の答申の資料があるんだから調べられるはずでしょ?
時系列追って調べればおのずと物事が判然としてくるはずで、何故か分からないけど議会はそれをしない。

テレビの情報だけで経緯を追ってる人からすると何となく石原さんがグレーで何となく豊洲の問題は色々な問題があるのを隠蔽しながら都知事や都議会が利権やらなんやらで何か物凄く黒に近いグレーな事をとにかく小池さんが今必死に調べてるという構図が出来上がってる。
そもそも石原さんといえども都知事である以上、要するに都知事が何でも一人で決められるわけじゃない。
都知事の権限は確かに大きいけどこれだけ重要な事になってくれば議会に掛けて議会の承認によってしか物事は決められないんですよ。
ですからそこには議会の議事録もあり色んな記録も残ってる。
石原さんが関係無く決めてる事柄だって全部都庁の中にあらゆる書類が残ってるはずなんです。
それは例えば石原さんが一番最初に都知事に就任した時に青島前都知事から引継ぎがあり、それは口頭で引継ぎをするというよりも引き継ぎ書があったり或いは青島さん時代からのそれこそアーカイブがある訳だからこういうものを全部精査すれば石原さんを引っ張り出す理由は本当はどこにも無い。
豊洲移転の経緯に関して石原慎太郎さん個人の責任を今問うかのような構図が出来てますがそんな事をする必要も全く無い。

昨年の11月、東京都庁小池都知事名で石原慎太郎さんに対して質問状が出てる。
その答えが一週間後に都庁に返されてます。
これについても小池都知事は「記憶にありませんとか何とかでちゃんと誠実にお答えいただけなかったような」って言ってるけどいやいや誠実にお答えしてますよ。
何故ならそんな17年も前の事を「あなた記憶にありますか?」と言われて誰が覚えてます?
つまり都知事の仕事というのは例えば僕たちがこっちのものをそっちに移すみたいなそんな単純な仕事じゃない。
多くの部署と専門家集団が係わっていて下から積み上げられてきた事。
色んなそれぞれの決済が複雑に組み合わさってきて最後に知事が裁可する。
そしてそこには議会も絡む。
こういう事柄について「はい石原さん、あなたの記憶はどうでしたか?」という風に聞く。
しかも17年前の事。
石原さんより若い我々だって17年前の自分の仕事の細かい事を聞かれたって覚えてません。

それから都庁という巨大な自治体組織。
この仕事を後から検証しようという時に石原さん個人の記憶に頼るんですか?
そんないい加減な事でいいの?
沢山記録があるでしょ。
それを辿るのがまず筋であって、そもそも何を考えてんの?
だから覚えてない事は覚えてないと答えることがむしろ誠実に答える事なんですよ。
それをあたかも何か石原さんがいい加減にとぼけてるような印象操作をするというのはもってのほか。
むしろじゃあ東京都庁にある膨大な資料を全部調べたうえでさらに石原さんに聞いてきてるんですか?という事を問いたいです、小池さんとそれを取り巻く周囲の人たちに対して。
特に小池さんは現職の都知事で調べられるんだから。
あらゆるものを調べる調査権限がある。
そして当然ですけど豊洲移転という都の巨大プロジェクトに関しては全てが機関決定を経ている。
様々な調査報告もすべてアーカイブ化されている。
つまり機関決定されてその積み上げの最後に石原さんのハンコがあるという話を、いきなり石原さんを百条委員会に呼び出すとか普通の政治常識というか社会常識としてあり得ない。
個人的な疑獄があるなら別ですが全くその兆候が無い。
そしたら政治がやるべき手続きは何かと言ったら豊洲の決定がどうだったかを都知事権限できちんと調べるという事しか無いでしょ。

百条委員会というのは都知事じゃなくて議会が設定します。
これは言ってみれば地方議会における裁判みたいなものだけど、その百条委員会までをも仕立てて石原さんを呼ぶって・・・
議会にだって調査権限がある。
で自分たちのアーカイブにだってずっと審議をしてきた議事録がある。
僕たちだってネット上から見れる。

当時石原さんは選挙に強いから自民党の推薦では出てなくて無所属で出てるんで、例えば豊洲問題がかなり佳境にあった時期には民主党が議会の多数派を取っていた時期もある。
但し自民党に関して特に豊洲問題に関しては石原都知事或いは当時の都庁と同一歩調で一緒に進めてきた。
だったらあなた達が一番経緯はご存知でしょ?
しかも正式なアーカイブだってあるんだから何で今更そこに石原さんを引っ張り出さなきゃいけないの?

民主党側は当時多数派だった。
で予算を通す通さないという事を盾に取ったりして色々この件でも迫ってる。
つまり豊洲移転に対して反対であるかのような。
今の国会と同じでなんちゃって反対みたいな感じの事を色々やってきてるんだけど最後は承認してるんですよ議会が。
そういう点も含めて考えればなんで今まであなた達のやってきた事をわざわざ引退して何年も経つ80過ぎた石原さんを呼んで聞かなきゃいけないの?
全く理解が出来ない、都知事に対しても都議会に対しても。
あなた達は自分たちがやるべき仕事をやればいいだけの話じゃないですか?

石原さんが「屈辱」と言ってるのは要するにどう見ても理不尽な事で、ましてや自分が元気な時、脳梗塞以前であれば最初の一撃でイチコロみたいな話、ハッキリ言って石原さんにとってこの件は。
そういう話をまるで一方的に逃げ回ってるかのように言われる、という事に対してのストレスなんです。
別に週刊誌が面白おかしく書くのは結構だけど「追い詰められた慎太郎」という事に対して屈辱と言ってるわけじゃありませんから。
逆に「出て行って俺がきちんと説明すればそれで終わりだろ?」という話です。

屈辱的だと思いますよ。
この件に関して特に石原さんは何かある訳でもないのに何かあるかのように嘘の風評を振り撒かれ、石原さん自身は今や民間人だから同じレベルで対抗する術が無い。
それをあたかも石原さん自身に何か疑獄があったかのようにして百条委員会に引っ張り出されるみたいな構図にされる。
それは屈辱以外の何物でもないでしょ。
関連書籍 天才
関連記事

コメント

非公開コメント