ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ、米大統領

ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ、米大統領
また喧嘩してるんだというニュースに見えるけど実は結構根が深い話で、この間グラミー賞が発表されたんですがその時に受賞した一人のイギリス人のアデルという歌手は自分の歌を熱唱しただけだけど、ノミネートされた人の中には腕章を巻いてたり、つまり一種の主張を続けるという意味の英語を書いた腕章を巻いてたり、ヒラリーさんそっくりの衣装で出てきたり、それがトランプさんの抗議になるのかなあ?
どう見てもトランプさんへの皮肉なんだけどそれをグラミー賞でやるわけですよ。

日本は記者クラブが問題だと言われますが本当はホワイトハウスこそ記者クラブと言ってないだけでインナーサークルの強烈な奴があって今まで仲間内だけでやってきた。
それが主催するんだけどそこに格好いい芸能人を呼ぶというのはこれもアメリカっぽいんだけどそれも話のタネになってるしメディアにとっては視聴率も稼げる飯のタネになってる。

トランプさんのこのアクションは腰の入った喧嘩です。
「ハリウッドとも戦うぞ」という意志表示で、直接的にグラミー賞の受賞者とは言わなかったけど「アカデミー賞の授賞式も含めて俺は戦うぞ」という意志表示であり、同時にメディアは飯の食い上げになる。
メディアは本当は権力と癒着して芸能人を呼んだり、或いは記者会見をやってくれて例えばあなたがトランプ大統領だとして国民の皆さんに直接話しかけて、僕がメディアだとすると僕を通り越して直接話しかける。
ツイッターを軸にSNSで直接話しかけると中間業者は要らないじゃないですか。

メディアは日米とも踏ん反り返ってて大きな力を持ってるけど本当は中間業者です。
時の権力者が国民と直接やりとりしてそこで全部決まっちゃうと中間業者は干上がっちゃう。
その懸念が常にあるから芸能人を呼んだりする。
それに対する挑戦なんですよ。
やるんだったらトランプさんは問題提起として徹底してやった方がいい。
時々記者会見に出てきてその時明らかにトランプさんの弱点である感情が爆発して自分でも歯止めが利かなくなるという事がある。
喧嘩上手な面があると同時に一瞬で湯が沸いちゃう。
じっくり湯を沸かしてゆっくりコーヒーなのか紅茶なのか決めればいいのにワアアアッと血が上って上手に上げ足を取られるという事になるから、やるんだったら徹底的に関係を断った方がいい。
しかし選別してるでしょ?今。
FOXニュースとか言うこと聞いてるところは一緒にやる。
これ最悪。
これをやると墓穴を掘ります。
攻める側にとったらこれは言論弾圧だと100%言えるじゃないですか。
やるんだったら全部やめる。
アメリカ大統領が直接国民と話せる手段を持ってるんだから。
しかもあのシンプルな表現で。
やるんだったらそれに徹した方がいいと思います。
関連書籍 トランプ思考
関連記事

コメント

非公開コメント