北朝鮮が正男氏暗殺試みる。毒劇物テロと推定

20170214-00000122-mai-000-view.jpg
彼がマレーシアで殺されたという一報が入って毒針で死んだと聞いた時に「ここは中世か?」と思いましたが、ただ僕はマレーシアの場所そのものには何の意外性も感じませんでした。
というのはマレーシアは割とのんびりした南国の豊かな国というイメージがあるんだけど意外と怖いところなんです。
例えばクアラルンプールも非常に良い町なんですが、裏社会をよくご存じのある日本の方が「いや、あそこは怖いところだよ」と言ってる。
要は色んな物が行き交う場所って事なんです。

それから日本の北朝鮮との関係で言うと東南アジアは実は北朝鮮の友好国が非常に多い。
東南アジア諸国はみんな北朝鮮との国交がある。

森喜朗総理の時に拉致被害者、横田めぐみさんを含めた人たちを第三国へ出してこっそり帰国させる交渉を北朝鮮としていた。
その時に「拉致被害者が帰ってくる!」と大騒ぎになると北朝鮮のメンツが悪くなるので日本人妻の人たちに紛れる形で帰そうという交渉をしていた。
そして色んなプランが考えられていたんだけどその第三国の中にマレーシアという案があった。
だからあの当時の日本の政府当局としては根回しがしやすいという事はあったでしょう、マレーシアと日本との関係も含めて。
しかし北朝鮮とも非常に近いし、近年で言うとマレーシアは中国と関係がどんどん緊密になっている。

近年、東南アジアに逃れるウイグル人の難民。
こういう人たちは当然マレーシア国内にも居て、タイはちょっと頑張って難民を保護しようとして来たんだけどマレーシアは見つかったら即時に強制送還です。
それぐらい中国との関係が非常に緊密。
更に近年では中国からの投資も非常に大きくなって、上流階級の人たちも言ってみればお金の繋がりでもう取り込まれてるという事があって割合中国の思惑が色濃く反映される国になってしまった。

現時点で共同のニュースも「韓国の情報機関が○○と見ている」とか「金正男と見られる男性がマレーシアで死亡したことについて」と報じてる。
ですから事の真偽が実はまだ確かだとは言い切れない。
ただやはり日本に居る在日の人たちなんかは「これは金正男死亡で間違いない」と言ってるんだけど、別のインテリジェンス筋の人は「これ全体がでっち上げである可能性がある」と。
僕もマレーシア当局はあまり信用してないから可能性はあると思ってます。
結局金正男氏にしてみれば、ずっと暗殺されるかもしれないという状況に怯えていた。
ですからここで殺されたことにしてしまうというのはあり得ます。
この人はマカオに居たという事でどちらかと言うと中国の庇護下にあった。
だけどマカオも含めた中国領内でこの人に何かがあったという一芝居を打つことは出来ません。
だから他国においてそういう事を仕掛ける可能性はあるんじゃないか?
で多少顔を変え、名前を変えて、要するにそれはアメリカなんかでもよくやるじゃないですか。
保護プログラムというものですよね。
だから「生きてるんじゃないか?その可能性もあるよね」と言ってる人も居ます。
ですから全くまだ事の真偽は分かりません。
だけどちょっといかがなものかと思うのは、もう日本のテレビではすっかりこの人が暗殺され、しかもそれは北朝鮮の金正恩氏の差しがねでという形で既に既成事実化してませんか?報道が。
これはちょっと問題だと思う。

殺害の方法にしても第一報は「液体をかけられた」と本人が病院に搬送される途中に漏らしたのにいつの間にか毒針になってたり。
だから一体どうなの?というのが分からない、あまりにも状況が。
そういう意味でも何となくわけの分からないニュース。
実行犯と目される二人のうち一人も拘束されたというニュースも入ってきてるし、この人の国籍も色んなことが言われている。
だから分からないことだらけで、本来だったらこんなに分からないはずもないんです。
遺体もあって、実行犯と言われる人も拘束されてるんだったらその人の国籍情報なんかそんなに二転三転しないでしょ?
ですから偽装他殺の可能性も捨てないでいいんじゃないでしょうか。

「この人は殺されたんだ」「それは北朝鮮当局からの差し金なんだ」的な、それが前提であるかのようにして金ファミリーの家系図を出してみたりテレビで色々やってますが、よく考えてみてください。
去年からの流れで言うと特にテレビの情報番組なんかが去年の夏過ぎ以降は小池劇場があって、その後はパククネ、チェスンシル劇場があって、11月くらいからはトランプ劇場があって、でちょっとこれで主役が様変わりという感じなんだけど、この金ファミリーがどうしたこうしたという話を延々とテレビでやり、そうするとみんなは何となく北朝鮮の事を知ったような気になるかもしれないけどハッキリ言ってこれは僕たちに何の益ももたらさない情報です。
そう思いません?

日本が北朝鮮との間で抱えている問題のまず第一は拉致問題。
第二はミサイルの問題。
これが大事な話で、特にテレビメディアがこの部分をきちんと国民に伝える。
或いは独自の情報ルートや取材に基づいた形で伝えるという能力をハッキリ言って持ちえないから、この種のワイドショー的なネタをじゃんじゃん流す。
するとややもするとしばらく経つと「北朝鮮のネタもういいよ」となってくる。
で本来日本人にとって肝心な、関心を向け続けなければいけない問題に対しても段々遠のいていってしまう危険性がある、国民の関心が。
これが一番怖いと思う。

過去にも金正日が亡くなって今の金正恩が後継に就いた時にも「金ファミリーはどういう系図になっててどうのこうの」って随分やった。
でもそういう事をいくら僕たちが知りえても何も日本と北朝鮮の間の問題の解決には寄与しません。
だからこれをあんまりテレビが流し過ぎることがむしろ日本における北朝鮮問題そのものから日本国民を遠ざける結果になってしまうと思う。
ちょっとやっぱりテレビの関係者の皆さんは考えて頂きたい。
関連書籍 父・金正日と私 金正男独占告白
関連記事

コメント

非公開コメント