「一つの中国」原則確認。米中首脳が初電話会談

fc2blog_20170215050633f64.jpg
まず事実関係を言うと我が国の政府専用機がワシントンの空港に着いて、総理と昭恵夫人がタラップを降りる時に総理の顔の表情が一瞬変わりました。
あれはあまりにも風が冷たかったからです。
あの時はマイナス1.2度くらいで、ワシントンの特に空港はそうなんだけどこの時期は結構風も強くて本当は刺すような風です。
で表情が変わったあの時、一方のトランプさんは習近平国家主席に電話してた。
これは偶然じゃない。
つまり安倍さんが到着する時を狙ってやった。
日本側には事前に習近平に電話することは言ってません。
安倍総理も知らなかったと思う。
一方で台湾の蔡英文総統には事前に連絡してた。
日本外しと言ってもおかしくない事が実は首脳会談の直前にあった。

例によって「トランプさんは何するか分からない」という人が沸いて出てくるんですが違います。
これは想定の範囲内です。
日米首脳会談にとっては良い兆しだった。
日米首脳会談でアメリカが大幅に実質譲歩します。
それがあるから中国とバランスを取る。
もし日米首脳会談でトランプさんが今まで言ってきたような「日本と中国は同じ面があって為替誘導してる」というのは事実に反しますけど中国は本当に元安を誘導してきてそれが今止まらなくなり、元が壊れた状態になって大慌てしてる。
だから中国の外貨準備高はどんどん減ってる。
自分の貯め込んだドルを使ってる状況。
それと日本を一緒くたにしてトランプさんは「日本は為替操作してる」と嘘を言った。
でもそれを突っ張らないで何と共同声明という文書の中に「三本の矢は素晴らしい、今後も続けてください」と書いた、英文でも。
だからトランプさんは180度転換したのと同じです。

一つの中国と格好良く言ってるけど要は台湾は中国の一部だ、中国のものなんだという事。
それをトランプさんは指先一本のツイッターで「そんなの私は知りません。そんな事言ってるんですか?」と。
だから蔡英文さんとの電話で「政治も含めて話しますよ」と言った。
それがコロッと変わって習近平に直接電話して「一つの中国は良い原則だ」という意味の事を言った。
これを勉強不足の評論家や外務省の官僚に言わせると「予測不能ですから」になるんだけど違うって。

まず安倍さんはトランプさんを評価してる。
それから問題の出入国に関する大統領令については内政干渉になるから関知しないと言ってる。
これはおべんちゃらじゃなくて客観的な話。
つまり日本は基本的に難民をほとんど受け入れません。
受け入れてるヨーロッパの側がトランプさんについて反論するのと日本は当然立場が違うので、日本が「大統領令はおかしい」とか何かを言うと日本も難民をヨーロッパ並みに全部受け入れるという話に繋がってしまうからそんな事言えるわけがないんです。
でもトランプさんにとっては今世界で自分の一番つらい部分を貶さない人。
だからジャイアンと同じで褒められたら全部褒めてくれると思うし、貶されると全部否定されてると思う。
そして基本的には自分が一番大事。
だからジャイアンはちょっと褒められたと思い込んだらマイク持ってリサイタル開く。
じゃあ日本はのび太になるのか?
のび太はみんなに愛されるキャラクターだけどジャイアンには徹底的にやられちゃう。
じゃあスネ夫?
違います。
これは当然ドラえもんです。
日本はドラえもんになる、或いはなれる。
技術力、高い民度。
ドラえもんになれるのは世界で日本だけです。
だからアメリカのジャイアンに対してドラえもんになるだけで、日米首脳会談は本当はドラえもんになる少なくとも入り口に立った首脳会談だから僕は評価できると言ってるんです。

事前のすり合わせで日本は「大統領令はけしからん」という事も言わない。
「お互いに良い関係になれる云々」でトランプさんはすごく喜んで、安倍さんに対して良い姿勢を示そうと思ったらバランスを取るために中国と電話会談をするだろうって事は完全に想定内。
そして電話会談やるんだったら一つの中国に触れないはずがない。
何故か?
そうでないと中国は電話会談に応じないから。
中国にとっては死活問題ですから。

一番基本になってるのは皆さんの中でアメリカ車を買いたいって人は恐らく居ないと思う。
でもそれを買ってくれる人たちが世界の中で間違いなく10億人居る。
それは誰かと言うとすべて中国の人々。
その中でフェラーリでも何でも買えるという富裕層が1億数千万居て恐らく日本の総人口より多い。
そうだけどざっと10億人前後が実は車どころか冷蔵庫もテレビも無い家で、トイレの水洗なんて考えたことも無い。
独裁の国だからいざとなったら中国共産党は言葉で言わなくても富裕層から例えば富裕税を取られる。
それをやられるからみんな外国に逃げる。
富裕層からそれだけ税金取って「払わないんだったら何が起きるか分からんぞ」、要するに命まで分からんぞという状況にし、それを10億人に嵌め込んでその時に10億人が自由に使えるんじゃなくて一種のクーポンみたいなもので「アメリカ車を買え」と。
それが現実に進行しつつある。

アメリカの技術力は日本の協力があってもいきなり上げることができない。
したがって現状のアメ車を買ってくれる10億人がどれだけ貴重か。
それが背景にあるからこういう事はもちろん想定内で起きる。
だからトランプさんは予測不能な人じゃない。
オバマさんの方がよっぽど予測不能だった。
せっかく有楽町でお寿司を食べてるのに旨いの一言も言ってくれなくていきなり仕事の話をされたので安倍さんはびっくりしたわけですよ。
でもトランプさんだったら美味しいもの食わせた瞬間に「素晴らしい」になるし、美味しくなったら「まずい」と恐らくはっきり言う人です。
だから予測可能なので日本にとってはチャンスという下品な言い方じゃなくて大きな責任が回ってきた。
敗戦後の世界がこれだけ壊れていく中で、日本が作り直さなきゃいけない。
その時に初めて戦争が終わるんです。
関連書籍 アメ車マガジン 2017年 04月号 [雑誌]
関連記事

コメント

非公開コメント