台湾総統の日本語ツイートが波紋

news_20170130175238-thumb-autox380-104389.jpg
蔡英文さんが自分の信ずるままに全てを行うという姿勢は断固評価します。
その上でこれは中国がまるで愛国者でないような非難をしてるけど本当は視点が違ってて、かつて第二次世界大戦が起きる前は日本と、日本と一緒だった朝鮮半島と台湾以外は全部西洋列強の植民地だった。
韓国も条約を結んで日本と一緒になっていなければ間違いなく、特にロシアの植民地になっていた。
その時日本は列強に対抗するためにも台湾或いは朝鮮半島が日本の一部になってて押し寄せてくる列強と向かい合ってた。
当時例えば南洋の島々でも日本の勢力下だったところがあるんだけどみんな親日国ですよね?
そういう島に行くととにかく日本語で話しかけられる。
台湾にも日本語を愛してる人が沢山居て、それは何を物語ってるかというと日本の統治がどれほど恩恵があったか。
実は朝鮮半島にもちゃんと帝国大学を作って、東京帝国大学や京都帝国大学と同じレベルに韓国の朝鮮半島のレベルを上げようとした事実もある。
しかも大阪大学や名古屋大学より先に作ってる。
如何に尊重してたか。
西洋列強の植民地政策は如何に貶め貶め、愚民政策ばっかりでしたから。
そうじゃなくて日本は全体を押し上げようとしたんですよ。
それが残ってるから台湾の蔡英文総統は日本語も使うのであって、中国は今までと同じようにやっつければいいんだと思ってるでしょうけど本当にブーメランでやがて中国に刺さるようになってくると思います。
おかしな苦情を言ってるのは中国と韓国と北朝鮮。
つまり中国北京の共産党と朝鮮半島だけなんですよ。
孤立無援といった方がいい、本当は。
それが浮き彫りになってるのがこのツイートに日本語というニュースです。
関連書籍 蔡英文自伝:台湾初の女性総統が歩んだ道
関連記事

コメント

非公開コメント