沖縄知事が帰国、辺野古移設反対訴え訪米

20150606070353spdfo@5.jpg
翁長知事はいい加減にするべきです。
翁長知事本人は「せっかくアメリカ行ったのに肝心の国防長官のマティスさんが居ない。自分が行ったのに居ない。居ないどころかマティスさんは逆に日本に行って稲田防衛大臣と勝手に「辺野古移設しか解決方法は無い」と言った」と不満をぶちまけてるんですがどう見ても恥の上塗りで、まずマティスさんは朝起きたら行ったわけじゃなくて当然日本側に通告して全てセットしてきてるので、それを事前に沖縄県庁が掴めてない。
翁長知事自身も掴めてない。

意見が違っても自治体と国はあくまで国益と地域の利益のために手を組むところは組まなきゃいけない。
それが全然出来てなくて何も掴めてないままアメリカに行った。
公費で行ってるんですよ?
恥を晒してる事が分かりませんか?
それは行ったら居なかったという話じゃない。
行きつけの飲み屋に行ったら会いたい人が居なかったという話じゃなくて沖縄県民の負託を背負い、多大なコストも使って行って「居ないのはけしからん」って何を言ってるのか?

合衆国の人間が言ってるのは「日本では政府と自治体の区分けはどうなってるのか?」という事。
国家同士で決めたことについて地元の自治体からいちいち言ってきて、で「国の要人と会え」と言ってくるというのは日本ではノーマルな話なのか?と。
「いやいやこれは日本でも不可思議な事と言われてるんです」と答えると「じゃあメディアはそうやって報道してるんだね?」と言われるから「いや、してないんですよ。沖縄知事が頑張って抗議してるという風に報道されてるんですよ」と答えるともう「??????」ですよ相手は。
これは江戸の敵は長崎で云々の話じゃないけど三度目にもなるし、いい加減にやめてくださいというニュースです。
関連書籍 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走
関連記事

コメント

非公開コメント