過労死問題

20160408-05139108.jpg
人の死を悼むという事と社会問題は違います。
人の死を本当に悼めるんですか?
一番身近な人間しか本当は悼めないでしょ。
後は悼んでいたとしてもそれは御挨拶ですよ。
お葬式に行ってご挨拶をするわけです。
心から悲しんでいるのは遺族だけ。
それは当然なんです。
人間の感情の範囲はそういうもの。
だから人の死を例えば労働問題に使うのは命への冒涜。
悼んでるフリをした、追悼して「彼女は可哀想だ」と悼んでるふりをした命への冒涜で、利用してるだけ。
というのは理由も分からないんだよ本当は。

今回の電通の問題に関してはある女性が自殺をした。
これがどう理由なのかというのは尚更深い関心を持った人、深い係わりを持った人の間で引き受けるべき問題です。
社会問題じゃない。
こういう問題を安易に社会問題にしてしまう。
社会問題にするとしたらプロセスが必要です。
今日本の企業全体を巻き込んだ過労問題になってる。
これについては安倍政権、厚労大臣に本当に苦言を呈したい。
こういう世論の風潮に乗っかって日本の労働文化に対して軽薄な政策変更をするな。
日本の労働文化全体を守ることをもっとまじめに考えるべきです。
というのはみんな、全員働いてるんですよ?
全員この文化の中で働いてみんなで一生懸命豊かになってきた。
その、他の人たちはどうなるんですか?
他の人たちの人権はどうなるんですか?
他の人たちの哲学や人生観はどうなるんですか?
だからこういう問題は統計を取ってきちんと処理をしていく。
或いはきちんとヒアリングを積み重ねていく。
そういうきっかけにするのは結構だけど、こういう一つの例からいきなり社会の基準を見直しましょうというのは軽薄。
人としても政治としても全く軽薄で許し難い。

全体のバランスの中で社会政策を変更する必要があるならすればいい。
それからブラック企業というものが本当に在ればそういう悪を個別事例として告発していったり、現場が本当に酷いならきちんと現場のヒアリングをしてそういう状況を吸い上げていく努力をするのはいい。
つまりある事例から政策に結び付けていくという事に対してもう少し真面目になりなさいという事です。
風潮に流されるな。

ある大企業の人はこれが騒ぎになった後残業厳禁で、22時23時が普通だった人が19時になったら強制退社になる。
大企業はみんなそれを恐れて強制退社をしますね?
じゃあしわ寄せはどこに行くの?
業績を三分の一に減らすんですか?
労働時間を三分の一、四分の一に減らすという事は単純に考えたら成果を減らす。
じゃあ日本のGDPをそこまで減らすつもりでやるんですか?
だったら国民に選択させなきゃいけない。
労働を取るよりも我々は貧しさを取ろうじゃないか。
これは選択させるべきです。
そうでないならどこにしわ寄せが行くんですか?
中小企業でしょ?
下請けでしょ?
つまり密かに死んでいくんですよ彼らは。
今までも過重労働だった下請けの皆さんはこの後その倍加した労働を引き受けてマスコミにも取り上げられず、恐らく保険も非常に厳しい支払い状況。
労災が下りるんだろうか?
労災が下りたら会社は潰れますから、中小企業の場合は。
こういう様な問題全体を提起するならいいですが、ある事を風潮として社会問題にしていくという事は、もういい加減子供じゃないんだから。
日本全体が学級会ですよこんなもん。

何度も書きますが人の死と社会問題を一緒にしちゃいけない。
悼む資格があるのは身近な人で、僕はご挨拶以上のことは言えませんよ。
言ったら嘘になるんだから。
僕は嘘はつきたくないから軽薄に悼むことは言いませんあえて。
彼女を尊重するから言わない。
尊重する人間がペラペラペラペラ人の死を悼んじゃいけない逆に。
悼む資格なんか僕に無いんだから、知らない人間の事を。
そういう事は人間のモラルとして、きちんと我々はモラルの中に生きなきゃいけない。
僕がここで言いたいのは非常に不道徳という事。
命という問題を持ちだしたらみんなが黙らなきゃいけない。
これは命を使ってる悪徳商法に他ならない。
彼女を大事にしてないんですよ。
逆なんです。
だから一人の人間を大事にするという事はもう少し人間として命とは何か?
そういうものを社会的価値に換算しない事です。
労働問題は労働問題なんですよ。
誰かが過労死しようとしまいと、自殺しようとしまいとそこに問題があれば問題なんです。
だったらその問題はきちっと厚労省が真面目に取り組んで、本当に日本の労働状況が悪いならそれを国民に選択させなければ自民党が、或いは与党が。
日本はどこまで働いてたと思いますか?戦後長い間。
一般の日本人は日曜も半分でしたよ。
つまり月二日休暇だった、戦後長い間。
それが日曜全休になり、土曜が半ドンになって、そして土日が全休になってという風にどんどんどんどん労働環境が改善されたのか?
逆にそうなったから残業が増えたのか分からないけどそういう流れがある。

日本人が本当に一生懸命働いて豊かになる。
或いは労働という一種の趣味を持っている。
仕事を好きでやってる人も居る。
好きでやってるという労働文化もあって、そっち側をもう少し尊重する世論を何故きちんと言えないんですか?
関連書籍 新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)
関連記事

コメント

非公開コメント