沖縄知事、米首都へ出発。辺野古反対

沖縄知事、米首都へ出発。辺野古反対
県知事が直接日本国を飛び越えてアメリカに声を届けるというのは違和感があります。
というか越権行為です。
職務上知事は外交できません。
沖縄タイムスの社説に「米政府は沖縄の米軍基地を使用し事件事故を起こす当事者であることを忘れてはいけない」と書かれててその事を翁長知事は米政府に訴えに行く。
この人たちは例えば車という便利な乗り物がありますけど「危ないから乗るな」と。
で車を禁止することによって急病人も病院に運べないし色々生活に支障をきたす。
そっちのリスクは全然見ない。

災害の時に米軍にも助けられてるし、この間のオスプレイが不時着した時も現地の人は「米軍に助けられているので私たちは、そりゃ危険だという事があるかもしれないけど歓迎してるんですよ」という声が多かった。
飛行機はみんな危険なんですよ、落ちたら。
車だって危険ですよぶつかったら。
薬だって危ないですよ。
何が一番危ないって餅が一番危ないですよ。
餅で何人死んでると思ってるんですか?
ご高齢の方には立派な凶器です。
でも餅食べるでしょ?美味しいから。
だからやっぱりリスクとリターンがあって、じゃあリスクって何かと言ったら中国でしょ?
中国は沖縄も自分の領土と言いだしてる。
大体今の国際紛争は相手が先にちょっかい出して、それを取り返しに行くという形の方がいいんです。
だから「やられたのでやり返すしかないんです。向こうが先に侵略してきたのでやり返します」となった時は正当なんです。
やられましたという証拠が無いといけないんだけど今尖閣に何も財産持ってないのがまずい。
だから尖閣に何でもいいから何か日本のものを作らないと。
本当は石原都知事が東京都で買うと言ったときに国有化じゃなくて東京都が買って、東京都の気象観測所でも作っちゃえば良かったんです。
それで中国が何か言ってきても「それは自治体がやった事ですから」って言える、今回の翁長さんみたいな感じで。

「自治体がやった事なので関知しません。でも日本の財産を侵害したらそれは日本国憲法の対象内なので守らせていただきますよ」みたいな感じで。
まだ遅くないです。
今からでもやればいい。
とにかく何でもいいから作っちゃうんです、灯台でもポリスボックスでもいいから。
関連書籍 米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)
関連記事

コメント

非公開コメント