入国禁止、オバマ氏「宗教差別反対」

2017013101001199.jpg
大体この7か国はオバマさんが大統領時代に指定したんですよ。
尚且つ手続きの厳格化もオバマの頃にやってたんです。
その手続きをもっと厳格化するのに体制が整うまでは入国禁止という事にしてた。
そしたら永住権持ってる人も入れないとか、あと一番困ってるのは軍で、アメリカ軍に協力しているイラク人もいるわけです。
通訳とか地元の弁護士とかビジネスマンとか建設関係の人とか。
そういうアメリカ軍に協力してるイラク人がアメリカに来て訓練を受けるというパターンもある。
後はイラクのコミュニティーの中で「あいつはアメリカ軍に協力してる」という事で命を狙われる人が一時的にアメリカに逃げなきゃいけないという事もある。
そういうものに対して一律に入国禁止という事でペナルティーを科してしまうとアメリカ軍がイラクで活動できなくなって困るという事で一昨日辺りにCNNが大騒ぎしてたんだけど昨日の段階でアメリカ軍がリストを出して「この人たちは対象外にして進める」という事になりました。
それから永住権、グリーンカードを持ってる人も対象外にするという微調整もすぐに入りました。

とりあえずドーンとやって実際上不都合があったら微調整する。
だから柔軟ではある。
じゃあ元々の大統領令を本気で施行したとしてどれぐらいの人が対象になるのか?
大体1%ぐらいです、アメリカに来る外国人の内。
尚且つ今回例外を設けるという事にもなったので実はほとんど影響は無いんです。
元々そんな国から大してアメリカには来れません。
だってオバマが審査を厳格化してるし。
なのでその手の国からアメリカに来れるような人というのは結構凄いお金を持ってて経済的に自由のある人じゃないと中々来れません。
難民の難民みたいな人がやっぱり大西洋を越えてくるのは難しいです。
だから思ったよりも影響は無いです。
関連書籍 難民問題 - イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題 (中公新書)
関連記事

コメント

非公開コメント