トランプ大統領の入国禁止令、効力停止に

2017013001000818.jpg
トランプさんの就任式の演説が極めて異例だったのはアメリカの小学生にも分かる単語しか使ってない事。
そして歴史観や世界観には全く触れなかった。
その後にああいう大統領令が出るとトランプさんは直情的でアメリカーファーストしか考えてないんじゃないか?という風に捉えてる人が多い。

トランプさんは大統領執務室に、オバマ大統領が撤去していたチャーチルの胸像を復活させて戻した。
歴史観が無い人はそういう事しませんよね。

米英首脳会談の一週間前にメイ首相はEUからのハッキリとした離脱を記者会見してます。
それから移民を制限するという事も言ってる。
これってトランプさんがやろうとしてるTPPやNAFTA見直しや移民制限と同じ方向を見てる。
これは今の政策が同じというだけじゃなくてEUという塊とアメリカ、中国というブロックの、今までに在った世界秩序を変えていくんだ。
あえて言えばアングロサクソン連合みたいなものを作って、それをアメリカファーストに資する新しい世界秩序にするんだという何らかの世界観が篭ってるんだと思う。
だからチャーチルであり、最初の首脳会談の相手をメイさんにした。
だから首脳会談の冒頭で「最初にイギリスを選んだんだ」という事を強調した。

ここまでずっと世界観を見せないできたトランプさんの中でも、初めて彼なりの歴史観、世界観を垣間見せた。
彼はどういう頭の構造をしていてどう運営していくのかというのは逆にオバマさんみたいに世界平和を声高に言わない人だから、それをのぞき込んでいくことは日本にとっても必要な作業だと思う。
そういう彼に二面性。
ただのバカじゃない。

一方、入国禁止は滅茶苦茶なんです。
7か国になってますけどエジプトとサウジアラビアは入ってません。
親米の国ではあるけどビンラディンはサウジアラビアの出身でしたよね?
本当にテロを戦うんだったら、今トルコやエジプト経由で入ってくる人も居るんだから、蓋をするんだったらそこまでやらないとおかしいです。
だから機能するテロ対策ですか?と言ったら僕は機能しないと思う。
つまりこれは何をしてるのかというと就任式の演説で低位な英語を使ったのと一緒で自分に投票してくれた、あえて言えば貧困だったりあまり教育を受けてないような白人の人にも伝わる分かりやすい政策をやってる。
中間選挙が後二年後にありますから、それに勝てなかったら全部が回転していかない。
つまり選挙モードがまだ続いてるから過激な事をする。
片やある種の世界秩序を作っていくという、ビジョンが二つあるんだと思う。
その視点で彼のツイートや政策を見ていくとより理解が深まると思う。
関連書籍 トランプ
関連記事

コメント

非公開コメント