動物で臓器作製、世界初。別種マウスに移植

Fotolia_36687980_Subscription_Monthly_M.jpg
これはまだ途中の段階。
人類は変なところに入っちゃった。
遺伝子の操作、ips細胞。
確かに病気が治る可能性もある。

例えばブタの肝臓だけを人間のものにして飼育し、誰かの肝臓が悪くなったら人間肝臓ブタから移植して残りの豚肉は食べる。
これはもうやられてます。
じゃあもう肝臓だけじゃ馬鹿らしいから腎臓も心臓も全部人間のものにする。
内臓人間ブタにしておくと内臓はいつでも移植出来て豚肉だけ食べればいい。

もっと進んで顔というか頭だけブタにして、体は人間のブタを作ろう。
今この方向に進んでます、まっしぐらに。
それを遺伝子操作でやったり、ipsとかそういう特殊な万能細胞でやったりしてるだけで、それをとにかく移植に使う。

大義名分はあります。
病気を治す。
臓器移植を待たなくていい。

だけどこの行きつく先は分かってるの?
こういう薄っぺらい合理的な事だけで、どんどんどんどん科学者サイドで進んでいくというのは果たしてみんなが望んでる事なのかな?
関連書籍 完全な人間を目指さなくてもよい理由-遺伝子操作とエンハンスメントの倫理-
関連記事

コメント

非公開コメント