文部省天下りで調査に「外部の目」必用

news2969260_38.jpg
この天下りは物凄く日本の教育をダメにしてる。
政治家だけじゃなくてマスコミ、役人から天下ってどんどん大学に入ってきてる。
そして教授なんかとてもできない人がどんどん入ってくる。
要するに論文を書いたこと無い人。
論文を書いたことないという事は学生を指導する事が出来ません。
学生に論文を書かせるとき、論理的な展開を教えたり、どうやって資料を揃えるかとか、参照の仕方とかそういう基本的な事を教える必要がある。
それが出来ない。
そしてほとんど講義も出来ない。

確かに外から人が入るのは大学にとっても悪くないんだけど、こういう名目だけで実際は金を取るために文部省やマスコミを入れる。
それによって誰が被害を受けてるか?
もちろん学生です。
ダメな教授は山ほど居ます。
その先鞭をつけたのは東北大学ですけど、副学長クラスの幹部を文部省から入れた。
他には早稲田大学。
ここは経営陣に流通会社の常務を入れた。
別にそれ自体は悪くないんだけど、その後を見てみると明らかにそういう人を入れた後は予算が付く。
だから何をやってるのかは頭隠して尻隠さずで分かります。
それによって日本の大学生が被害を受け、日本の教育がダメになる。

金をそういうコネで配り、配ったから今度は「天下りを受け入れろよ」という事になる。
元々大学というのは学生がまず集まって、先生をそこに雇い入れたというのが大学ですから。
だから今のように大学に学生が入るんじゃないんです。

大学の総長や事務官は本当に威張ってます。
あんたたち要らないから早く辞めてくれ。
先生と学生でやっていくから。
関連書籍 文部科学省 「三流官庁」の知られざる素顔 (中公新書ラクレ)
関連記事

コメント

非公開コメント