中国、トランプ氏を牽制。一つの中国は政治的基礎

中国、トランプ氏を牽制。一つの中国は政治的基礎
トランプ政権になって最も焦ってる国が中国です。
一番大きな打撃を受けてる。
経済的な事もそうなんですが「一つの中国」、これです。
もしこれが揺らげば中国終了と言ってもいいぐらいの話。
中華人民共和国は共産党一党独裁の国家。
彼らが言う「革新的利益」というのがある。
民族団結のためには革新的利益が必要でそれがチベット、台湾、ウイグルの三つ。
この内の一つでも欠けると終わるかもしれない。
中国はアフリカを無理やり一つの国に束ねてるようなもので、民族もバラバラ、考え方もバラバラ、環境もありとあらゆるものが違う。
それを無理やり強権でもって、軍事力でもって束ねてる。
だから共産党にとって最大の敵は国外勢力じゃなくて人民なんです。
彼らが立ち上がったら終わりです。
その要になるものが一つの中国。
「台湾は国じゃない、中国の一部なんだ」という事を宣伝するためにこれまでにどれだけのお金と労力と神経を使ってきたか。
それがトランプが選挙に勝ったことによって完全に壊れました。
だってこれまでのアメリカ大統領は一言も触れたことが無かった。
一つの中国を尊重するという立場だったんだけど、「そこから話し合おう」と言っちゃったんですから。
だから世界中で一番「この野郎!」と思ってるのは中国なのであって「中国の勝利」とかちゃんちらおかしい。
むしろ中国の敗北。
そして中華人民共和国の終わりの始まりかもしれない。
関連書籍 一つの中国一つの台湾―江沢民vs李登輝 (講談社プラスアルファ新書)
関連記事

コメント

非公開コメント