中国人ビザ発給ピーク「爆買い」から地方へ

201602061240205b4.png
安倍総理ご自身も含めた安倍総理の基本方針として「とにかく観光立国だ」。
観光客だったらどなたでも大歓迎だ。
中国人も含めて大歓迎という事になってます。
そのおかげもあって中国人観光客がたった一年間で637万人。
637万人の中に工作員は間違いなく居るんですが、こんな大量に来る中から工作員をどうやって見つけるんですか?
無理です。
それをやるんだったら日本はトランプさんが言ったみたいに壁を作ってそこを一人ずつ通ってもらって身体検査をしないといけない。
そんな事できるわけない。
日本はスパイ防止法が無い事もあって中国の工作活動はほとんどやりたい放題。

観光産業はもちろん大事ですけどそれだけに過剰に依存するとどうなるか?
麻薬と一緒です。
現に沖縄が翁長知事と中国共産党の水面下の約束から始まって今定期便の飛行機を入れてて中国の観光客で溢れてる。
その中に工作員が居ることも問題だけど、もっと問題なのは沖縄経済が中国人観光客頼みになってしまって要するにそれ無しでは生きられなくなってる。
それが中国なりの侵略なんですよ。
だから爆買いが峠を越えたのは中国経済が崩壊現象を起こしてる事もあるけど、国家の戦略として地方に手を伸ばして日本の隅々まで世論戦、心理戦が出来るようにしてるという事でもある。
だから観光立国を言うだけじゃなくてこういう事に同時に備えることも安倍政権はやらなきゃいけない。
関連書籍 【増補改訂版】インバウンドマーケティング
関連記事

コメント

非公開コメント