トランプ氏、就任後もツイッター続行

dc7c995ea94530bd7f4a84a80d6da345.jpg
メディアと大統領の在り方が物凄く変わってきてる。
インスタグラムやフェイスブックやツイッターを合わせるとトランプ氏には5500万人のフォロワーが居る。
そうなると投票してくれた人の7割とか8割が見てくれている。
どういう事か?
なんでこれを使うの?
簡単です。
メインストリームメディアの頭越しに有権者に直接訴えることができるから。
今までは大統領記者会見をして、それをテレビでやってもらう。
つまりテレビや新聞を経由して国民に意見が広められた。
だけど今はダイレクトに出来る。
だからちゃんと意見も全部言えるし、マスコミが間違った事を言ったときには正せる。
だからメインストリームメディアはますます怒る。
ツイッターでやられちゃったら自分たちの出番が無いから。
自分たちが大統領の言ってる事を改竄する、情報を操作する余地も無い。
だから怒ってるというだけの話。

俺が主導権を取るという事です。
今まではメディアに気にいられないと大統領も色々不利になるという事だったけど「いやいや主導権は俺にある。別にCNNやニューヨークタイムスにある訳じゃない」という事。
力関係が変わってきたから、負けた側が文句を言ってるだけの話。
重要事項をメインメディアに言わないでいきなりツイッターに投入しちゃう。
これがメディアにしてみれば商売あがったりなんですね。
関連書籍 トランプ革命で復活するアメリカ 日本はどう対応すべきか
関連記事

コメント

非公開コメント