海洋安保分野で連携強化。日インドネシア首脳会談

2017011501001625.jpg
今回の安倍総理の海外出張。
もう外遊って言葉やめません?
誤解を招くだけだから。

新年早々の海外出張。
それも通常国会という重大な重い国会が始まる前に本当に軽やかに各国を回ってるわけですけど。
正直敬服しました。
こんなに海外出張で成果が上がるなんて、長年の総理の海外出張で初めてです。
普通はこんなに成果あがりません。
総理が行けば話が片付くわけじゃない。
会社の社長じゃないんだから、そんなに簡単なものじゃなくて、総理が行ったら意味はあるんだけど逆に話は上滑りになって繕うみたいになることが多くて、中身に踏み込まない事がむしろ多い。
それが今回特に感じたのは安倍総理の外交能力は本当に高まってる。
国民が支えてるから。
安倍政権の全部に賛成というわけじゃないけど、それでも支えるべきところは支えてくれてるから長期政権になりつつあって、その事による効果もこんなにあるのかというくらい成果が出てる。

インドネシアはジョコ大統領に変わってから特に中国に傾斜してた。
皆さんご記憶の通り、新幹線の受注合戦があって誰が見ても中国は高速鉄道が危ない。
あったでしょ?
高架になってるところに高速鉄道を走らせて、それが転落してしまった。
その転落した車両を穴掘って埋め、そのまま原因究明も進まないまま走らせている。
こういう実情です。
しかも中国は日本の新幹線を安直にコピーしててそれは世界の常識になってる。

どう見てもインドネシアは日本の新幹線を受注すると思いきや中国が勝った。
このカラクリは物凄く簡単で、政府保証と言って全部出してあげるんじゃなくて、例えば日本が受注する場合は一旦国民の税金で建設するという事はしますけどそれは貸してるのであって、インドネシア側はちゃんと政府が返しますという保証を付ける。
これは国際ルール通りです。
日本はそれを全く変えませんでした、どんなに受注合戦が激しくなっても。
そしたら中国は国際ルールを勝手にかき乱して「全部チャイナが出してあげますよ」という事を実質やった。
だからそれにインドネシアのジョコ大統領を含めてそういう風にしてしまった。
ところが工事が全然進んでない。
何故かというと中国は言った事の約束を果たさないのでエライ事になってる。
そこを狙いすましたように行く安倍総理の外交感覚も大したものですけど、それにしてもインドネシアは国家の面目もあるし、中国は武器をインドネシアに大量に売ってて、中国の外交戦略というのは武器を安く売る、または与えることによってその国の軍事システムを中国の支配下に置くという事をずっとやってきた。
アジアで言うとそれに最後まで抵抗してたのがこのインドネシアとベトナムだったんだけど残ったのはベトナムだけ。
もちろん日本は違いますけど。
だから広いアジアでベトナムと日本だけが辛うじて抵抗してる。
そういう状態の中で安倍総理がジョコ大統領と会談して、ジョコ大統領が安倍総理の人柄というかその戦略観に非常に感動して、実際に「安倍ジョコ関係は今までと違うよね」とアメリカの国務省が言ってて、国民の一人として僕も我が事のように嬉しかった。
しかもジョコ大統領と並んだ共同記者会見で、南シナ海の問題で安倍総理が「海上安全保障の協力を進める」と強調してその横でジョコ大統領が頷いてた。
という事は具体的な事が仮に無かったとしても、これは非常に大きいです世界にとっても。
関連書籍 インドネシア イスラーム大国の変貌:躍進がもたらす新たな危機 (新潮選書)
関連記事

コメント

非公開コメント