海外移転企業に高関税。ロシアと協力姿勢、トランプ氏

海外移転企業に高関税。ロシアと協力姿勢、トランプ氏
ISを叩くためにロシアとは協力すると言ってる。
ただロシアがハッキングして大統領選に影響を与えたじゃないかという質問に対しては、「いや中国のサイバー攻撃の方がよほど悪影響が大きい」なんて言ってはぐらかしてる。

ロシアがハッキングし、情報を選択的に公開することによってトランプ氏に有利に事を運んだと言われてる。
そんな介入の仕方は上品なものじゃないですか?
アメリカが過去どれだけ他国の大統領選挙に介入してきたかを考えればそんなもの取るに足らないでしょう。
大統領選挙だけじゃない。
政権の転覆にアメリカやCIAがどれほど関与してきてるか。
それを考えれば今アメリカのリベラルメディアが大騒ぎしてるけど、あなた達自分の国が世界中でやってる事をもう少し糾弾しなさいよ。
EU国首脳の会話も全部盗聴してたでしょ。
イラクなんてサダムフセイン政権を生んだのもアメリカだし倒したのもアメリカですから。
ISだって言ってみれば生みの親はアメリカみたいなものですから。
それがモンスター化したものです。
それを今や手に負えなくなったからロシアとも手を組んでなんとかしようという事なわけです。

会見自体がグダグダでした。
言葉尻は「雇用の創出者となる」と期待させる事を言いながらもちょっと弱含みのところもあって良いか悪いか全然判断できない。
ですからあとは20日の就任式で何を言うか?
或いはそこで何らかの混乱が起きるかどうか?
これによってまたマーケットが反応するんじゃないですか?
トランプさんは意外と市場の動きを気にしてます。
だから就任当初は出来るだけ特に株が下がらないように、そういう様なものを自分の評価の指標にする可能性があります。
つまり第二次安倍政権の最初の時と一緒です。
株価をずっと上げていくと、「自分が大統領になった事で景気がこれだけ良くなったじゃないか」という事が言える割りと一番分かりやすい指標になる。
だからそれを狙うんじゃないか?
つまりそういう市場がいい方向に反応するようなことをどんどんメディアや自分のツイッターを通じて出していくんじゃないですか?
関連書籍 分断されるアメリカ (集英社文庫 ハ)
関連記事

コメント

非公開コメント