ロボットの進化によって日本はどう変わるか?

shutterstock_224696983-780x460.jpg
今から20年経つと失業率100%です。
だからそのAIが普及した後に残るであろう職業に子供を付けさせなきゃいけない。
これが今からの大人の一番重要な責任です。

結局これは大学教育と一緒。
大学教育というのはどういう矛盾を含んでるかというと、教授は30年前に勉強してます。
その30年前の事を今の20歳の学生に教える。

大学というのは30年後に役立つことを教えるところです。
という事は60年の開きがありますから絶対に役に立たないという事です。

親にとって大切な事。
例えば10歳の子どもだったら、20年後にAIが普及してますから。
予想として一番最初に無くなるのはインテリの職業。
新聞記者、医者、弁護士、こういうのから先に無くなります。
それに続いてタクシーの運転手、バスの運転手。
残る中間層が人間の頭と動作とが混合してるので難しくなると思いますが、もうアメリカではトラックが2000キロを自動運転で走ってるし新聞記事もAIが書いてますから。

介護ロボットは一番難しいと思う。
それはロボットがいつ狂うか分からないから。
ですからおばあちゃんを抱えてる時に狂って殺す可能性があるので人がある程度付いていないといけない。
この問題が最後まで残るんじゃないかという気がします。

社会の仕組み、法体系が整備されないと、技術的には十分可能になってもロボットが活躍できる環境じゃないんですまだ。
例えば火災が起きた時、人間が消火活動するのが困難な場合でもロボットは使えません。
でも福島第一原発ではロボットが活動できる。
それは何故かというと公道上の移動が無いから。
要するに公道上を移動する場合には道交法の対象になる。
今の道交法の規定ではロボットの移動が認められてない。

例えば火災が起きて化学薬品がどんどん出てきてる。
人間が近寄っていって絶対に消火活動が出来ない。
そういう場合、公道上を横切るときにロボットをどういう扱いにするのか?
安全を確保するためにどういったルール、規制、法律が必要なのか?
これを作るためには相当な年数が掛かるでしょう。
今の日本の社会、法体系がロボットを前提としてない。

法律の埒外でロボットが動くのであればスッと入っていきやすい。
例えば将棋、囲碁を打たせるとか、それだったら出来るけど、今の日本の社会の仕組みの中でロボットが人間に変わってとなると相当ハードルが高いとも思う。
だから早くこの辺を整備しないと技術が無駄になりますね。
関連書籍 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
関連記事

コメント

非公開コメント