認知症を予防するには?

koramu11.jpg
認知症を予防するにはまず血圧が高い事です。
そしてコレステロールが多い事。

認知症になる原因は第一に頭を働かせてないという事。
歩かなければ足が弱くなるのと一緒で使わないとダメになる。
難しい事でもそれが毎日同じことの繰り返しなら脳を使ってる事にならない。
そうじゃなくて同じ作業をするのでも違う側面から考える。

ですから女性の認知症が男性の二倍くらいというのは男性が新聞を見るのに対し女性はとかく折り込み広告を見る。
その折込広告には毎日同じような事が書いてある。
新聞は内容が変化するので刺激がある。
ですからできるだけ毎日の生活の中に、自分の今まで知らなかった事を聞いたりするチャンスを作っていく。

もう一つは脳の構造です。
脳の神経細胞は油の中にあります。
神経細胞は基本的に電気です。
神経細胞同士を結ぶところだけは化学物質なんだけど後は電気。
だから絶縁物質が必要で、絶縁は全部絶縁油ですから。
ですからコレステロールが低いと認知症になりやすいです。
それから血を送るためには血圧が必要なので血圧は高い方がいい。

やっぱり人間は動物なので美味しいものを食べる。
そして満腹になったら食べない。
いや多分笑われてると思うんだけど満腹になったら食べないって難しいんですよ。
だってね、大体「夕ご飯はご飯一膳にしておく」なんて変な人が居るんです。
それから「魚は一匹半くらいがいい」とか、全部頭で考える。
体で自分が必要な量を決めるのは物凄く難しいです。
料理屋に行ったらもっと難しい。
ブリが800円、サンマ300円。
元々頭で考えてるのに更に金目が入ってくる。
そうすると無茶苦茶な食生活になるんですよ。
だからできるだけ「自分が食べたいものは何か?自分の食べたい量はどのくらいか?」というのを研ぎ澄ませていく、酒も。
酒も「何合までと言われてるから二合」とか「休肝日を置かなきゃダメと言われてるから今日は飲めない」とか、これ全部死ぬ方向に行くと思います。
難しい事を話してるように聞こえるかもしれませんが要約するとしたいようにしろって事です。

これは世界で広く言われてる事ですが、健康診断してる人としてない人では健康診断していない人の方が長寿であることはハッキリしてます。
どうしてか?
健康を保とうという意識が自分にストレスをかけるからです、毎日。
「ご飯は一膳にしよう、魚と肉と野菜が無きゃダメだからそれを揃えよう」とか始終それを考えてる。
それは極端に言えば「早く死にたいな、早く死にたいな」と言ってるのと一緒。
長生きというのは、そもそも死を意識してるから長生きという概念が生じます。
だから長生きという概念の裏には必ず死という概念がありますから。
死を毎日意識して生きてるようなもの。
だから健康というものをどう考えればいいか?
これは凄く難しいテーマだと思う。
関連書籍 誤診だらけの認知症
関連記事

コメント

非公開コメント