米軍北部訓練場4千ヘクタール返還。本土復帰後最大

米軍北部訓練場4千ヘクタール返還。本土復帰後最大
この返還されるという事に対して翁長知事がコメントを出してる。
「歪んだ形での返還にはとても承服できない」という様な事を言ってる。
何が言いたいのか今一つ分からない。

一応これはロードマップに沿う形でやってます。
大前提として、僕ももちろん1日本国民として沖縄であれ、或いは東京都内であれアメリカ軍の特に他国の軍事基地がずっと当たり前のように居座っている事を全くいいとは思ってません。
だけど、じゃあ何?返還しなくていいという事なの?

彼らが普段訴えている米軍基地の運動。
彼らの訴求ポイントは「沖縄基地返せ、アメリカ軍出ていけ」。
それを訴えてきて、今回のようにいざ返還となると歓迎もしないし喜ばない。
知事は返還の式典にも出ない。
じゃああなたたちの運動って一体何のためにやってたの?

結局運動するための運動でしょ?
これは日本のリベラル左翼も共通してる点。
何かの反対運動を起こす。
しかし反対運動の目的はあくまでも建前。
要するに目的のために反対運動を起こすのではなくて、反対運動のために反対する。
つまり自分たちの存在感を示すために。

彼らが返還を喜ばない理由も分かります。
仮に沖縄米軍基地が全て彼らに返還された。
その時点で彼らの存在意義が完全に無くなってしまう。
つまり基地が返還されない事を本心で一番望んでいるのは彼らです。
だから普天間基地の移設も反対する。
普天間基地が危険だと言いながら辺野古の方がどう考えても安全なのに移設に反対する。

オスプレイも同じ。
オスプレイが危険だと言う。
そう言うなら辺野古、つまり海の方に基地が移されるなら当然住民の対する安全度が非常に高まる。
しかし彼らはそれでも反対する。
結局彼らの運動は沖縄に基地が返還されることを目的にしてるわけでも無ければ住民の安全を守る事を目的にしてるわけでもない。
じゃあ何のためにやってるの?
もし米軍基地が無くなったら一番喜ぶのは誰ですか?
習近平でしょ。
関連商品 ハセガワ 1/72 アメリカ海兵隊 MV-22B オスプレイ プラモデル E41
関連記事

コメント

非公開コメント