カジノ法案批判の蓮舫氏、過去はカジノ解禁大臣

カジノ法案批判の蓮舫氏、過去はカジノ解禁大臣
蓮舫が「カジノ解禁は当時沢山あった規制改革案の一つに過ぎない。私がカジノ解禁について議員立法に力を入れたことは無い。政府として一つの選択としてあったという認識です」と発言してる。
よくこんな誤魔化しを言いますね。
当時の民主党はカジノを成長戦略の一つと考えてカジノ解禁に向けて動いていた。
しかもこの2、3年後にはハッキリそういう動きをするということを明言してた。
ところが2、3年後には民主党自体が政権を失い、今回またカジノ法案が出た。
民進党としてはかつて自分たちが推進しようとしていた案を今回自民党が出したわけですから当然賛成ですよね。
ところが真っ向から反対してる。
だから民進党は一体何がしたいのか分かりません。
自分がしたいものが無い。
野党になってからはとにかく自民党の出す案は全て反対。
過去に自分がどう言っていたかは一切関係無い。

民進党に言葉は必要ないですよ。
「反対」だけ言ってればいい。
中国にも一応国会は在ります。
人民大会。
この人民大会で議員が唯一発する言葉が「賛成」。
政府の出したもの全てに「賛成」。
だから日本の民進党も政府の出した全ての法案に「反対」、それで終わり。

今現在民進党を支持してる人はとにかく反政府、反自民という人しか残ってない。
そういう状況の中で政府の言ってる事に賛成をしたらその支持層が減っていく。
ですから今残ってる民進党の支持者を満足させるためにはすべてに反対しなければならない。
ある意味憐れ。
自分の考え、自分のやりたいことが一切ない。
ただ議席を守るため、或いは一人でも支持者を減らさないようにするためにひたすら反対している。

彼らが反対、反対と言う度に安倍政権の支持率は上がります。
安倍政権を一番支えているのは我々じゃないんです。
民進党なんです。
安倍さんにとって本当にありがたい存在。
特に安倍さんにとって蓮舫さんが民進党の代表であることが本当にありがたくて、毎晩笑ってるんじゃないですか?
安倍さんにすれば蓮舫さんを跳ね返すくらい、子供と遊んでるような感じじゃないですか?
この間の党首討論で蓮舫さんのいくつか間違いを朝日新聞からも指摘されてました。
つまり朝日新聞はお互いの党首が語っていた色んな事を採点したんですが、そうすると蓮舫さんの言ってることは殆どが間違いでした。

安倍政権がもしオリンピックの年まで続くのなら蓮舫さんは是非その年まで代表やってください。
一番安倍政権を支えてると思いませんか?
だってわざとやってるとしか思えない。
関連書籍 日本版カジノのすべて しくみ、経済効果からビジネス、統合型リゾートまで
関連記事

コメント

非公開コメント