パククネ氏4月末退陣の意向

mcb1612060619021-f1.jpg
パククネさんが凄く悪い事をしていたとは思ってません。
他の大統領と比べて標準的な悪さをしていただけです。
だってノテウよりも前は軍事政権でしたから。
賄賂やり放題。
自殺したノムヒョンも北朝鮮から何を貰ってたかさっぱり分からないまま全部墓場に持って行っちゃったでしょ。
だから歴代の大統領と比べて特段悪かったかというと、チェスンシル?かわいいものじゃないですか、賄賂と言っても。
別にそんな怒るほどの問題でもないんだけど何に怒ってるのかというとこの事に怒ってるというよりは景気が悪いから怒ってるんですよ。
景気が悪いから八つ当たりです。
今までは日本にずっと八つ当たりしてんだけど日韓合意でもう日本に八つ当たりが出来ない。
その日本の代わりに今度はロッテを叩いた。
在日企業で韓国で大成功してるから「ロッテこの野郎」。
で財閥叩きが一通り終わって次がパククネですよ。
景気が継続的に悪いので不満の持って行き所がこいつになったというだけで、特段悪い事をしたかというと別に歴代大統領から比べれば標準的な悪さしかしてないしそういう縁故主義みたいな事はずっとやってますよね。

マスコミとかでデモやってる人が「韓国は高度な自由主義経済になって経済成長したのに今だにチェスンシルみたいなのが居てコネ社会で何も構造が変わってない事に対する怒りだ」とか言ってるんだけどずっとそうだったじゃん。
日本が一方的にデフレになって、白川元日銀総裁は絶対中国のスパイだと決めつけてますけど、その白川さんがデフレ政策を平気でやってる時に韓国は相対的なウォン安になる、デフレにすると円高になりますから。
この相対的なウォン安で、対して競争力も無い商品なんだけど安いからという事で売れたんです、車もスマホも。
それで韓国は凄い経済成長をしたと思ってたんですけどその裏では恐らくこのチェスンシルよりもっと酷い事をやってた。
じゃあなんで今回任期中に辞任する運びになったのかというとそれは経済政策を失敗しまくったからです。
要は中国に尻尾を振ってついて行った。
二股外交とか言ってこれがまず大失敗して、中国にくっ付いて行ったら中国の景気が悪くなり、国内の景気も悪くなり、しかも外貨の流出を恐れてウォン安が進み過ぎることをものすごく警戒して尚且つそれで金融緩和が凄く中途半端になった。
という事で彼らはもともと自分で政策を失敗したことによって自分で自分の首を絞めた。
もう三年間失業率も高いままというか上がってるし物価もずっとデフレ基調。
その溜まりに溜まった不満でこういう事になったのでチェスンシルがどうという問題よりは経済の低迷の方が大きいんじゃないかなあ。
別にパククネ外したって今の政策変えなかったら同じことです。
だから中国を切ってこっち側に来て、日本に土下座して「もう一回通貨スワップお願いします。慰安婦問題完全解決しますから」と言えば救われるかもしれない。
ここは日本に頭下げた方がいいんじゃないですか?
関連書籍 絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション)
関連記事

コメント

非公開コメント