北方領土問題、安倍首相「1回で解決できない」

3d3fbfbf79664c7c74fc0ad27179f808.jpg
今年になってから北方領土問題に関して妙に楽観的な意見が出ていて、その根拠がよく分からない。
ロシアは領土問題で安易に妥協する国じゃないです。
プーチンさんと何回も会ったという個人的な友情の問題と国家の大きな防衛の問題は全然別ですから。
そりゃあ安倍さんと会ったらプーチンさんも仲良くするだろうけど、国益のかかった問題は別です。
当たり前。
ただプーチンのように強い政治家じゃないと領土問題は妥協できないというのも事実で、一定の解決を求めてるのは確かだと思います。
というのは日本のお金と技術が欲しいから。

ところがトランプ新大統領がアメリカで誕生しますが、この人はプーチンとはISの問題で基本的にアメリカと仲良くやりたい。
そうするとロシアへの経済制裁をアメリカは緩めていくという方向じゃないかな。
となると日本だけに頼らなくてもよくなる。
そうすると今まで美味しい事を言ってたけどちょっとロシアが引いてきたのもそういう背景があるのかもしれない。

日本のメディアはイージーな事を言うのをやめろ。
ダメだったら安倍さんの支持率落ちますよ。
領土問題なんてハードルがものすごく高いんだということをみんなは認識しておかないといけない。
安倍さんが言った「ここから始まるんだ」というのは正しいと思う。

プーチンさんが日本に来てどうしても叶えたいことが一つある。
それは天皇陛下の謁見を賜りたいという事。
「これは何とかお願いしたい」と言ってる。
それが出来ればそこから物事が動き始めるのかもしれない。
日本の外交の実は隠れた最大の力は天皇陛下です。
天皇陛下の存在の大きさは日本人が一番知らない。
世界の国は天皇陛下の存在がものすごく大きいものだということが分かってます。
だってこんな国は無いんだから。
2000年以上一つの王朝がずっと続いてる。
外国人が「建国以来王朝は何回変わってるんだ」と聞いてきたときに「いや、一つだよ。万世一系だ」と答えるとそこで驚かれる。
これは大変な事ですよ。
それで「うちは神話にまで遡るんだよ」と言ったらみんな驚きますよ。
「日本ってスゲー国だな」ってそれだけで驚いちゃう。
日本は西暦より600年以上古いんですから。

だから15日の山口より16日の東京の方がポイントになるかもしれません。
関連書籍 皇位継承と万世一系に謎はない (扶桑社新書)
関連記事

コメント

非公開コメント