カジノ法案。自民、公明は慎重

カジノ法案。自民、公明は慎重
日本で賭博、ギャンブルを一部限定して合法化しましょう。
むしろある場所では経済や国際的な事に使おうという話。

日本でこれをやるときに非常に面倒なのが法的に良く分からない存在であるパチンコです。
これが不思議な慣習で野放しになっている。
厳密に言えば要するにその場所では換金しないのでこれは純粋な娯楽施設という建前だけど実際にはもちろん換金するわけですから。
しかもここに外国の資本が大きく入っている。
こういう状況が日本の大きな利権になっている。
更に海外に送金システムが出来てる。
こういうものを全く野放しにしたまま先に法案を成立させるのがいいのか?
或いはこれとの関連を内々意図してる法案なのか?
つまりこれを合法化していくことで二の手三の手。

簡単に賛否は言えませんが思ってるより重要な決断になると思います、通す場合。
但し東京のど真ん中や大阪の街からすぐのところとか、それはやめましょうよ。

カジノをやるというのはそれにふさわしい一緒の暴力装置が必要です。
だって物凄い額のお金が動くわけでしょ?
よく聞きますよね、ラスベガスにしても。
だからそういう事が果たして日本の今の警察機能で出来るんですか?
どうもそれ専用のプロが居るという事は聞きます。
で国際的にカジノ破りをする勢力も暗躍してますからそういうものに対する対抗勢力は日本に本当にあるの?
そんなノウハウあるんですか?
「清く正しく美しい賭け事をしましょう」ってそれは無理です。

安直な、戦後日本の我々が住んでる温室的な、まあ六本木がちょっととか色々ありますよ?
だけどねぇ・・・。

カジノと国際謀略、それから国際暴力。
これは絶対に連動しますから、それをどういう風に文化としてちゃんと根付かせるのか?
それを抜きにやるというのは危険ですよ。
そんなお花畑な気持ちでやってもらったら困るんですよ。
関連書籍 カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?
関連記事

コメント

非公開コメント