反朴政権集会、若者の失望感頂点

反朴政権集会、若者の失望感頂点
韓国の今の基礎を作ったパクチョンヒ政権は評価が高い。
そして悲劇でお父さんお母さんが撃たれ、一人残った特別な存在ですよ。
だから保守にとっては夢のような、そこに夢を賭けてた。
その人があんなとんでもない人のパペットだったというのがなんともやるせない。
収賄の話もあるんだけど、ショボいのが受験の不正とか、やってる事が酷い。

このままもし表に出ずに放置されてたらどうなってたか?
ピョンチャンオリンピックの利権にも大分食い込んでました。
スポーツも芸能も全てでしょう。
それは韓国社会が近代化してないから。

やっぱり社会の作り方なんですよ。
受験を出世の道具に使うからこうなるんです。
受験の目的は自分の人生を豊かにするということで、別に大学とか要らないし就職も二の次でいい。
世の中にはお金を払って行く人も居るけど、大体金持ちというのは元々幸福じゃない。
だから本当の幸福とはどういうものか?という事を社会がきちんと見定めていればこういう失望感はそうそう起きない。

脱力感なんか持つ必要ない。
自分のやりたいことを見つける。
最低限の教養と知識を身に着けることで、つまらない噂や世間に振り回されないで自分の人生を送れればいい。
自分のゴールを見つけて行ける。
そのために大学に行き、色々探していけばいいわけで、いきなり「受験です」「就職です」「お金持ちです」っていかにも直線的で全く余裕がない。
あまりにも悲しいじゃないですか。
結果としてそういうのが付いてきてもいいけど、そうじゃないでしょ。
もともと人間は生きてるだけで価値がある訳で、それプラスαなんて大したことないです。
女性が子供を産んで育てるのが一番偉くて、僕ら男のやってる事なんてろくなことが無いんですよ。
関連書籍 なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争【山本七平賞受賞】
関連記事

コメント

非公開コメント