朴大統領を容疑者として捜査、韓国検察

朴大統領を容疑者として捜査、韓国検察
これ実はものすごいショッキングなニュースで、どういう方々にとって一番ショッキングかというと韓国出身であったり、韓国の事情を一番知ってる専門家の人たちにとって一番ショックだった。
何故かというと朴大統領が検察の事情聴取を先延ばしにしてて、結局その前にこの友達の女性のチェっていう女性とかそういう人を起訴する期限が来ちゃったから結局大統領の話を入れずに起訴することになった。
だから朴大統領が「辞めない辞めない」と言うのも案外通るんじゃないか?という風に韓国生まれの専門家は見てた、韓国社会を知ってるからこそ。

ところがなんと検察は次の大統領に阿るために。
ハッキリ言って正義のためじゃなくて「朴大統領はダメだ」と見て、次の大統領へのごますりとして、朴大統領から話聞けてないのに「犯罪を共謀してる」ともう言っちゃったんですよ。
こんな司法があるの?

現実に「共謀したんだ」ともう起訴状に書いてあるからどうなるかというと、今与党の中でも「大統領を弾劾に掛けよう」、つまり無理に辞めさせるという事をやろうという話になってる。
で弾劾に掛けたらそのあと裁判所が長い時間をかけてやるんですが韓国社会はそこまで我慢しきれないから持つ訳ないという話にもなってて、だから「弾劾は無いだろう」と韓国の専門家は言ってたんだけど意外にもこうなっちゃったから。
弾劾があり得ることになった。

弾劾で辞めさせられたらパククネさんはもっと酷い事になるから、そうなるくらいなら自ら辞めるという可能性も実は出てきてます。
どっちに転ぶのかまだ本人たちも分かってないから勝手に言う事は出来ないけど、しかしハッキリしてるのは国家にとって司法が独立してるという事がどれほど大事な事か。
権力に阿る司法を持ってるとこれぐらい国が徹底的に混乱する。

大統領の犯罪行為も問題だけど一番根っこが深いのは、韓国は大統領選挙をちゃんとやってるはずの民主国家なのに、実は大統領の交代が単なる王朝の交代であって、司法機関もその王様の元に在って、なんと王様がダメになったら次の王様のところに駆け寄ろうとしてる。
だから日本は選挙に色々問題はあっても司法が独立してる事が大事なんだという事を他山の石として考えるべきです。
関連書籍 絶望の韓国,悲劇の朴槿惠(月刊Hanadaセレクション)
関連記事

コメント

非公開コメント