日本とインド両政府、原子力協定署名

488x-1.jpg
インドが強かな戦略国家というのは皆さんが思ってる通りです。
インドの核兵器は見かけ上はパキスタンを狙ってて、パキスタンはインドを狙ってる。
だから世界の雰囲気も「インドとパキスタンはお互いさまでやってるからある意味しょうがないかな」という雰囲気もあるんだけど本当はインドとパキスタンはずいぶん国力が違う。
そして本当は対中国のための核兵器です。
だからインドパキスタン紛争というのは、ある種もっけの幸いだった。
このおかげで核を持てた。

で安倍総理はこの事を知った上での原子力協定の署名なんですよ。
もちろん公式的には核兵器込みの話じゃなくて原子力発電所を中心とした話ですけどバックグラウンドにはそれがあって、こういうのを国家戦略と呼ぶんです。
だから断固支持です。
例によって朝日新聞をはじめ「けしからん、けしからん」だけど本当に思考停止だと思う。
世界の現実に合わない。
とにかく「インドは核兵器持ってけしからん」。
でも中国は核兵器持ってけしからんという話はほとんど聞かない。
だから「インドはけしからん、それと組む安倍もけしからん」という、読者は何十年同じ話を読まされてるんでしょうね。
でもこれはよくここまでこぎつけたと思います。

インドとパキスタンは元々は一つの国でした。
これをイギリスがあえてディバイドしたというだけの事ですから基本的には北インドの人たちとパキスタンの人たちで言葉も全くそのまま通じます。
元々別に今のパキスタンにだけイスラム教徒の人たちが住んでたわけじゃなく、インド国内に居たイスラム教徒をイギリスがけしかけて独立の時に分離させちゃったという事なんです。
でわざと旧英領インドの中に分断を持ち込むことでその後もイギリスが影響力を行使できるという事を狙ったわけです。
だから中では今もテロが起きたりしてるけど話は出来る間柄なんです。
ですからつい半年前にモディー首相が「インドを取り戻す」と言った。
つまりイギリスの植民地支配によって色が付けられたインドではない本当のインドを取り戻そうという事で言語政策だとかを随分見直そうとしてる。
このモディー首相が色々トラブルはあるんだけどイスラマバードに突然行ってる。
で向こうの首脳と直接話をしたりしてるから、言ってみれば兄弟喧嘩みたいな感じなんですよ。

それと中国の脅威はインドにとって実は大変な問題で、中印国境は三千数百キロくらいあるんだけど、何カ所かポイントになってるところがあって、中印国境紛争が終わって50年以上経ちますけど今だに両方が軍を置いて睨み合ってる。
特に一番ホットなポイントがいくつかあってそのうちの一つが割と有名なカシミールの方です。
ここはインドとパキスタンとというイメージがあるけどインドとパキスタンと中国という三つ巴の争いの場所になってる。
ですから元々はもっけの幸いでパキスタンとの対立という構図を表に出しながらインドは中国のために核武装をしたかった。
だって中国は核を持ってるんだから、その国と3000キロ以上も国境を接してたら当然抑止として自分たちも核を持ちたいと思うし、それからインドは冷戦時代にはソ連の影響を受けてました。
でソ連からの色んな技術の提供があって、同時のインドは国を結構閉ざしてた。
ですからよく言われたのがコカコーラから核ミサイルまで。
コカコーラは実際にはアメリカから入ってくるんじゃなくみんながコーラを飲みたがるから国産のコーラもどきを作る。
コーラから核ミサイルまで全部自国で作るという事を目指していた。
ですからその当時からなぜそんなに核に拘っていたかというと間違いなく中国です。

この話に関連して言うと、インドで国際会議をするとパキスタンから必ず人が来てて、でパキスタンの人が演台に上がると聴衆がどっと増える。
インドの人たちはパキスタンに非常に関心がある。
新幹線。
最初はインド国内で短い路線なんだけどインドに行き渡らせた後はパキスタンに伸ばせばいいと思う。
それは単に経済効果だけじゃなくて印パ紛争という世界のリスクを減らすことに日本が貢献出来るので、やがて安倍総理もパキスタンと話し合って繋ぐ役割をなさればいいと思う。
安倍政権はまだ恐らくは時間があるので出来ると思う。

安倍さんの外交戦略を簡単に言うと中国の脅威をこれ以上増やさないという事なので、そこは全くブレてない。
パキスタンはどうしても中国と裏で連携するから、そこにフェアなくさびを打ち込むためにも日本の新幹線でインドとパキスタンが結ばれるというのは時代を変えると思います。
関連書籍 検証 インドの軍事戦略 (国際政治・日本外交叢書)
関連記事

コメント

非公開コメント