トランプ大統領で尖閣はどうなる?

plt1605240006-p1.jpg
トランプ大統領は「領土問題には介入しない。日本が領土を自分で守れ」という至極真っ当なスタンスなので、今現在の日本の体制では尖閣の状況がかなり悪化するんじゃないか?
トランプ云々以前に日本が自分たちで考えるべき事ですが、早くちゃんと議論して防衛を強化しないと本当に取り返しがつかなくなる。

具体的に言うと憲法を改正する事、憲法9条をさっさと改正した方がいい。
でも一方でトランプが今までの日米安保条約の中でのサポートをしなくなるということは無いと思います。
むしろトランプは中国に対して厳しいです、クリントンよりも。
だって「中国がアメリカをレイプしてる」と言ってるんだから、経済的に。
表現はいつも凄いんだけど、要するに経済的にレイプしてると言ってるから中国に対して凄く強気だと思います。

中国はしばらく手を出せないと思う。
まず見極めてみないと。

日本で一番懸念されてるのは日米安保が弱くなるんじゃないかという事。
日本でというより日本のマスコミが。

いや、政策協議をしますから。
別にトランプ氏が大統領だからと言って独断で何でも出来るわけじゃない。

この大統領選と並行してアメリカの議会の選挙も行われていて、共和党優勢です。
で政策協議をする場合、共和党の色んな安全保障政策、これまでの。
こういうものはこれからちゃんと改めて、トランプが大統領になれば、それこそちゃんとレクチャーするところから始めて、「これがアメリカにとって一番メリットがあるんだ」という風な形になっていく。
考え方そのものとしてはむしろ共和党の方が、ヒラリークリントンやオバマの民主党よりもずっと親日です。

日米防衛問題を牛耳ってるのは防衛族の上院議員です。
しかも共和党。
これは昔からそうです。
だから大統領が誰であれどうでもいい。
予算を付けるのはそこなんだし。
民主党の大統領でもそうなるんだから。
影響力が凄くある。

トランプの「日本みたいな豊かな国をなんでアメリカが守らなきゃいけないんだ」という言い方。
これ言ったのは別にトランプが初めてじゃないです。
その通りだと思いません?
自分でやれって言ってるだけでしょ。
今までもそういう事を言ってる人は共和党の中にも居たし、共和党を中心とした防衛族議員やその人たちが作ってる委員会では「日本に核武装させろ」という事まで話題には出てる。
マルコルビオも「これだけ中国や北朝鮮が伸張してくると、日本も核武装を検討しても別におかしくないんじゃないか?」と言ってる。

僕は核武装には反対で、必要ないと思ってる。
アメリカとの協力関係をずっと持ち続ければいいのであって、ただそれを持ち続けるためにはいつまでもアメリカにおんぶに抱っこというわけにいかないから、核以外の自分にできる事を出来るようにすること。
それが一番重要で、だから普通の自立した国になる事。
こういう話は今までも出ていて、別にトランプが始めて言い始めた事でもないからそんなにびっくりする話でもないんです。
ただ言い方が凄く激しいから日本人を凄くびっくりさせちゃったという事はあるけれど、という話なんです。
関連書籍 THE TRUMP - 傷ついたアメリカ、最強の切り札 -
関連記事

コメント

非公開コメント