クリントン氏リード、トランプ陣営劣勢認める

2016102401001012.jpg
僕は女性問題はそんなに大きく影響してないと思います。

ディベートの時に選挙結果を認めるかどうかを明言しなかったという事はルール違反です。
選挙結果を受け入れないのはありえない事。

かつてニクソンとケネディーが大統領選挙で争ったとき接戦でした。
最後にイリノイ州でケネディーは僅かの差で勝って当選した。
しかしそこでの不正が滅茶苦茶あった。
死んでる人が何千人も投票してるとか、複数の場所で同じ人が投票してるとか。
そういうのは全部マフィアや民主党の組織が仕掛けたんです。
だけどニクソンは「そんな事言っても選挙はもう終わってるんだから認めておかないと大変な事になる」という事で認めました。

その次に問題だったのはブッシュVSゴアの時。
最後でフロリダ州が残って、300票くらいの僅差。
あの時は投票用紙が凄く問題だった。
穴をあける投票用紙でした。
穴をあけるんだけど完全に開いてなくて紙がまだ下にくっ付いてる。
そのくっ付いた紙をカウントするのかしないのかという事で揉めた。
それで何度も数え直しをゴア側が要求したんだけど最高裁が間に入って「もういい、これはブッシュの勝ち」と決めてしまったので「ブッシュは不正当選だ」と言ってる人が大勢居たんだけどゴアは潔く降りました。
最高裁が言ってるんだからという事で受け入れた。
そうしないとダメなんですよ。

じゃあ受け入れないとしたらどうするんですか?
デモ活動でもするんですか?
そうなるとトランプの支持者には結構過激な人が多い。
そういう人たちがニューヨークで100万人集会とかやっちゃうと、これは世界中に対しての悪いメッセージだし、マイナスしかない。
だからルール違反なんです。

ルール違反もいくつかやってます。
この間は退役軍人を批判してましたし、それもアウトです。
それは共和党でも民主党でも絶対やらない事だから。
許されるのは日本くらい。
だからルールを沢山破ってもまだヒラリーと12ポイントしか差が無いということは、アメリカ人がどれだけ政治家に対して不満を持っているのかという事。
本来ならこの人はそこに居ないはずなんだから。
予備選挙で消えるはずだった。

ところでちょっと先走りますが次回の大統領選挙にはトランプの息子が出るかもしれない。
息子のコンベンションでの党大会のスピーチがとても良かった。
こういう隠し玉が居るんです。
だからトランプ系はなかなか消えません。
ここで負けても4年後がある。
だから共和党がちゃんと襟を正さないとトランプ時代が続くかもしれない。

でもトランプが出てきたことによって日本人はやっとアメリカにこれだけ依存してるという事に気付いたような気がします。
そういう意味では日本人が目覚めるきっかけにはなった。
関連書籍 アベノミクスを超える経済政策を目指せ: アメリカ大統領選挙が示唆する、右派でも左派でもない政治の時代
関連記事

コメント

非公開コメント