IOCバッハ会長と小池知事が会談

20161019-00000012-jij_afp-000-2-view.jpg
都知事選が参議院選挙の後に遂行されたときに、このブログで小池さんへの懸念も書きました。
それでドッと非難轟轟にもなったんですけど、その懸念は今現実のものになってます。
但し想像以上の馬力を小池百合子都知事が発揮しているのも間違いない。

天は見逃さないと思うのは、石原慎太郎元都知事。
石原さんはちゃんと中国にモノを言ったり、素晴らしいところも多々あるけど、闇の部分で言うと都庁にあまり来ない。
これは都庁では有名な話になってる。
しかしそれで無事に政治生活を終えたように見えて、天が最後の判決を出してきたのは、要は小池都知事は恐らく大変怒ってて、石原さんに聞いても「知らない、覚えてない、報告受けてない、誰かがやったんだ」みたいな話になってて、「最初は協力すると言ってたのに」という怒りが漏れてきますけど、そんなに沢山石原さんが知ってるはずがないんです。
だって来ないんだから。
で都知事が来ないと当然区知事が大きな権力を持つ。
実際そうでした。
それから都庁の幹部もいっぱい権力を持つ。
で石原さんの意向はあれだけ長く知事をやってれば分かるから気に入るように報告しておけば後は好きなようにやればいいという都政にどうしてもなります。
それが問われないまま無事に終わるはずが、バーン!と表に出てきてしまってて、小池さんの凄いところはいわばタブーなはずの石原都政批判を真正面からやってるところ。
そこは僕の予想も超えて小池百合子さんが一段も二段も、苦しい都知事選を経て成長してて、馬力を付けてるという風に思います。

でも豊洲の問題で言うと盛土すれば汚染は防げるんですか?
そうとは限らないどころか本当は話が逆で、「地下のスペースに水が出てる。しかもアルカリ性だ」と。
「強アルカリ性になっててこれは大変だと共産党が言ってます」という話をテレビで繰り返しやる。
違います。
コンクリートが良質であればあるほど水に触れたらそこの石灰分が出ますから強アルカリ性になるんですよ。
これにはびっくりしたんですよ、そんな事が問題だと言ってるから。
それから「ヒ素が出ました。水銀が出ました」という事になってるけど非常に厳しい基準値より下だし、水銀の場合多いと言われてるけど本当は国際基準からするととても低いです。
したがって盛土をしてれば良かったという事では全然無い。
これは小池さんの責任とは言わないけど、でも小池さん流にメディアが噛み合っちゃうと問題じゃない事が問題にされる。
そして本当の問題。
東京の都心部に東京ガスという大きな会社の施設があったらその土壌は汚染されていいのか?
で豊洲の市場は実は造りから考えても、普通はああいう大きな鉄筋コンクリートの建物があると下にむしろ地下スペースを作るのが普通で、そこに盛土がてんこ盛りにしてあったら耐震性はむしろ危ないというのが、僕が別に専門家じゃなくてもそんなのは誰でも知ってる。
そういう風に話が逆転しちゃってる。
ネットではかなり正常化してると思います。
僕もそんなにネット見てるわけじゃないけど、でもちゃんと言うべき人は言うべき事を言ってる。
ところが地上波のテレビでは逆さまになったままで、ネットを見ない人にとってはそのまんま「豊洲は恐怖の豊洲だ」になってる。
じゃあ仮に豊洲がそうだとしたら東京湾は何故無事なんですか?
東京ガスがずっと汚染してる責任はそのままどこかに行っちゃって、東京ガスは多額のお金も貰ってる。
東京ガスという大きな会社が追及されずに、今どれほどぼろ糞に言われてもいい都庁の役人は、これに小池さんの一つの欠点が出てるんですが辞めた人まで遡及して、遡って処罰しますという事を言う。
これもし本当にやるとしたら退職金の自主返納しかない。
ところが自主返納と言いながら強制ですよね?
法治国家でこれはやっちゃダメです。
だからその辺が僕の懸念だった。
それが馬力と噛み合うと話がおかしくなるんですよ。
そこはやっぱり元に戻すべきで、処分とかそういう事ももちろん大事です。

メディアも上手に使ってて、小池さんも上手に戦ってて、度胸もあって凄い突破力もあるんだけど、行政マンとして、じゃあ豊洲は使わないのか?
豊洲を使わないんだったら例えば築地を半分潰して高層化するという事をやるのか?
じゃあその財源をどうするのか?
そういう行政の話にもう持って行かないと。

東京都民が自分の台所を信用できなくなる話ばっかりで、それも根拠がある話ならちゃんと直す必要があるけど「地下のスペースがあるから信用できない」とか「水が強アルカリ性になってるから困る」というのは嘘ですから。
それを都知事自身が是正しないといけない。
勝手にメディアが言ってるという話じゃなくて元は小池さんが切っ掛けを作った面もあるんだから自分で修正しなきゃいけない。

オリンピックも何とボート、カヌー会場が東京でなくなるんだったら韓国に持って行こうかという怪しい動きがあって、早速朝日新聞がそれを「関係者の話からそういう動きがあることが明らかになった」という記事を書いたりしてる。
それから復興五輪という事をハッキリさせるために宮城県が出てくるのもいいけど、例えば埼玉県の上田知事が「俺が言ってない事を勝手に言った」というのもやっぱり小池さんの癖がちょっと出てるところがあって、こんなにヒロインになっちゃうと途端に都庁で物を言う人が居なくなるし、テレビだと一旦みんなで小池さんを持ち上げて、どこかで落とすつもりですよね?
そうすると東京オリンピックは一日一日近づいてくるのに在らぬ方向に行きかねない。
小池さんの馬力、指導力はそこに発揮してもらって東京オリンピックを成功に導く。
そのためには理念をハッキリさせなきゃいけない。
1964年のあの清潔な東京五輪がアメリカのロス五輪をきっかけにして段々おかしくなって、競技種目がどんどん増えていった。
だから立候補する都市が減ってきて、例えば冬のオリンピックは韓国や中国のように思惑があって立候補するところばっかりになっちゃって、「これから冬の五輪は一体どうなるんだ?」という話になってる。
それを食い止めることを例えば理念にするんだったらそれをハッキリ哲学で出す。
復興五輪だから宮城という事じゃなくて、復興の中にオリンピックを組み込むなら福島原子力災害も含めて理念をハッキリさせる。
その事も今やらないといけない。

バッハ会長って世渡りも上手な人だから「勿体ない」という日本語を使って見せてウケる。
テレビニュースはそればっかりになったんだけど、そのお金ばっかり掛かって勿体ないという事が、清潔なオリンピックをどうやって復活させるかという理念に結びつくという事をハッキリさせなきゃいけない。
その中に実は豊洲の問題も絡んでしまってる。
この入り乱れた状態を断ち切るのは小池さん自身がやるしかない。
違う意見の方多いと思います。
またこれで非難轟轟でしょうが、しかしこのヒーロー、ヒロインを作り上げてそのあと落とすというやり方。
小池さんはニュースキャスター出身だから百も承知のはずだから、もうそれに踏み込んで行かないと取り返しがつかなくなるという事を心配してます。
関連書籍 挑戦 小池百合子伝
関連記事

コメント

非公開コメント