北方領土「いずれ合意」との見方。露大統領報道官

s_ice_screenshot_20161011-074900.jpeg
結論から先に言うと今までの筋書きというか北方領土返還の交渉の過程では推し量れないような進展を見せている。
安倍さんとプーチン大統領二人にしか分からないようなことをやっている。
プーチン大統領はもともとKGBの出身です。
なのであまり周りに「これをやるぞ、あれをやるぞ」という事を言わない。
要するにリーダー同士で決めて「よし、やるぞ」という風になってる。
そして12月15日に来日します。
その時には間違いなく何らかの進展はあるはずです。

ロシアの大統領報道官がこういう話をするという事は今までありませんでした。
世耕さんが今、対ロシア協力省になってますけど同じようにカウンターパートをプーチン大統領が指名してます。
これはもう間違いなく動きます。
既に樺太だとか極東の方にも日本の企業は進出してる。
こういった事があるので大きな進展は間違いなく見られると思う。

「いずれ合意」という事ですから平和条約をいずれ締結する。
「ロシアとは戦争しません」という事になるとこれは与党野党問わず大歓迎すべきです、まず。
もちろん北方領土返還のための要求はしっかりやらなければいけない。
その交渉というのは鶏が先か卵が先かはどうあれとにかくプーチン大統領と話し合う。
本当にこれこそ話し合いで解決する戦後珍しい外交パターンじゃないですかね?

安倍さんが安保法制を決めたから戦争になるという風なバカみたいな事を言ってる人が沢山居るんだけど、ああいう安保法制をきちっと整備しながら話し合いで領土問題を解決する。
こんな事野党になんかできませんよ。
まず相手にされないもん、今の野党だったら。

先に平和条約を結んじゃうと、言いにくくなるという事ではなくてそこからゆっくり話し合いで解決できるんじゃないか?
これを言うと日ソ中立条約破棄の問題に皆さんは色々と言及して「お前はまだ甘い」という話になるんだけど、じゃあ逆に聞きたいんですがどう言う方法で還してもらえばいいの?
今までの方法では全く70年間還りもしなかったわけだから、ここはやっぱり新しいアプローチをかけて結果還ってくればいいんでしょ?
還してもらう様なアプローチが今出来るのは安倍さんですよ。
ここに賭けるしかない。
他の人に出来ますか?
蓮舫さんに出来ますか?
絶対に出来ませんよ。

アメリカにとっても太平洋方面に目を向けた時に中国という巨悪が居る。
この巨悪と向き合わなきゃいけないのにロシアともまた向き合うよりも裏から、アメリカのワシントンから見た時というのはNato諸国、EU諸国、自分たちの同盟国と在ってその後ろにロシアがあるんだけど、ヨーロッパの顔色を見ると危機感を募らせていてウクライナ問題を中心にロシアとも向き合ってる。
そこに同じような顔をしなきゃいけないアメリカがある。
西海岸から見た時というのは、今度は巨悪が居るから。
しかも北朝鮮という挑発的な国があったりする。
こういう国を前にしながらロシアともやり合うのか?
「もうそれはいいって」と。
だったらむしろ裏の方から日本がちょっと仲良くやっといてくれた方が楽だという事は思うはずなので肯定的な見方をするアメリカの人も居ます。

ただロシアと日本の距離が近づいてエネルギー協力まで密接になり過ぎるとアメリカの存在価値というか石油を結構日本に売ったりしてるから打撃があるんじゃないか?
ところがアメリカの企業も沿海州、極東ロシアに進出してるんです。
アメリカというのは結構二枚舌やります。
その辺はちょっと表と裏を考えてアプローチした方がいいと思う。
ヨーロッパのロシアとアジアのロシアで別なアプローチをしている。
全然発想が違います。

沿海州の方で人気投票すると日本が断トツに好きな国という結果になった。
今年の3月に日本の外務省がアンケート調査をしてる、ロシアで。
「日本との友好関係が大切ですか」という問いに90%以上が「これは大事だ」という風に答えてる。
ところが逆に日本はロシアに対して警戒心を持っていて「好きではない」という人が多くて片思いというのか温度差がある。
やっぱ報道ですよ。
ロシアに対して恐ろしあじゃないけど凄く怖い国という風に伝えたり、あとロシアを知らないですよね日本人が。

プーチン大統領は強烈な共産主義だったころを経験して、やっぱりまだよちよち歩きの自由と民主主義。
でもいつ密告されてシベリア送りにされて死ぬか分からないと思っていた時代から比べると今の状況でも十分ロシアの人は幸せに思ってたりするので、前のフィリピンの話と一緒です。
我々の価値観でわざわざよその国に土足で入り込んで「いやあんたこれ幸せじゃないでしょ?」って言ったって「俺は十分幸せだよ」って言われたらそれまで。
そんな事はどうだっていいんです。

話が色々飛びましたが11月のアメリカ大統領選挙の一か月後の12月に日露会談です。
こういう日程で非常に面白いことが起こりますので是非とも皆さんに注目してもらいたいと思います。
関連書籍 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
関連記事

コメント

非公開コメント