日米同盟の重要性確認、TPPは見解相違

日米同盟の重要性確認、TPPは見解相違
ヒラリーさんとだけ会うと聞いた時には驚きました。
もう9月下旬ですよ?
大統領選挙は11月7日。
1カ月ちょっと。
それなのに片一方とだけ会うんですよ?
日米同盟の相手、パートナー。
世界一の大国の次の大統領選びが後1カ月ちょっとに迫ってる時に、まず候補者と会うという事自体が「えっ?」という話でしょ?
会うんだったら絶対両方でしょ。
しかもアメリカの大統領選挙って居ても3人なんだから。
東京都知事選挙みたいに何十人ということは無いので会うのは簡単です。
それがヒラリークリントン候補にだけ会ってトランプに会わない。
会う事にもびっくりだけど会わない事にもびっくり。
よくこんな大胆な事するなあ。

第一次安倍政権の失敗。
失敗と言っても本当は辞め方が無残なだけで、教育基本法を初めて改正したり国民投票法を成立させたり防衛庁を防衛省にしたり海洋基本法という本当は一番大事な法律を作ったり、わずか一年でそれをやった。
成果は凄いけど辞め方があまりに無残だったから失敗政権と受け止められて、安倍さんも「俺はこれをやったんだ」ということは殆ど言わずにそこは本当に謙虚に失敗の研究をご自分でなさった。
それは本当にすごい努力だったと思います。
それが今の長期政権にもちろん直結してる。
その反省点の一つがインテリジェンス、機密情報をもっと生かす。
同時にそれは情報機関を育成する事。
日本版NSC(国家安全保障会議)は車の片輪なんですよ。
つまり情報が無いまま動いてもらっちゃ困る、本当は。
要するに国家安全保障会議を作りました。
片方に自前の情報機関もあって、だから情報が相まって両輪になって回る。
そうでないと情報が固まってて片方だけ回ってるといつまでもグルグル回ることになるから必ず作らなきゃいけない、作れてないけど。
でも見えざる努力が行われてるのば事実で、一つにはヒラリーの勝ちと決めつけてる。
読み切ったとまで言ったら、それは正解と言ってるようなものだけど、読み切ったつもりですよね?

で、関連するニュースが「クリントン氏に投票意向、ブッシュ元大統領」というニュース。
これは念のために言っておくとパパブッシュです。
92歳という事でずいぶん年は取ったけど言葉は凄くハッキリしてて、つまりトチ狂って言ったんじゃなくて断固たる信念を表明された上での話で、共和党を象徴するような元大統領があろうことか民主党の候補に入れる。
トランプという党大会で選んだ候補が居るのに入れない。
だから見かけはトランプが勝てるはずがないという風に見える。
しかしそうは言いながら体か持つのか?というクリントン。
メール問題がようやく静まってくれて、やっぱり権力の力かと思ったら今度はもっと深刻な賄賂問題が出てきて、トランプも詐欺の疑いまで掛かっててもうアメリカ大統領選挙は滅茶苦茶です。
しかしそれにしても大胆ですよね。
これでもしトランプが大統領になったら彼の性格からしてもやっぱり意趣返しありで「金払え」って言ってきますよ。
何言ってんだ?日本が在日米軍支えてるんですけど。
彼はただの無知で言ってるだけなんだけどそれが余計にヒートアップするのは間違いがない。
でもあえてトランプに見せつけてヒラリーに会って、それは同時にTPPの主導権を日本側が取りたいという思惑もあると思う。
僕はTPP反対ですけどその理由はアメリカにいつまでも主導権を持たせるなという事で、日本が主導権を取っていくならそれは意味ありますよ、中国に対しても戦略的には意味がある。
こういう計算をしてヒラリーに恩を売った。
でもこれも結構なチャレンジですよね。
本当に恩を感じてくれるんですか?
アメリカ国民にどれくらいの説得力があると思います?
日本の総理がヒラリーとだけ会ったから「やっぱりヒラリーなんだなあ」と思ってくれる?
そんな対等な関係ですか?
とてもそうは思えない。
そうすると結構危ない橋を渡る外交ですよね?
北方領土の問題に関しても、どうするんですか?自分でこんなに釣り上げちゃって。
「手ごたえがある」と総理が言ったら、「領土そのものが国家主権ごと還ってきてロシア兵も住民も居なくなるんだ」と普通の感覚の日本人は思うんですよ。
戦争で奪われたんじゃなくてその後の殺人、強盗、強姦で奪われたんだけど、でも戦争関連で奪われた領土を交渉だけで取り返すというのは沖縄の祖国復帰が人類史に残る例外であって、あれは日米同盟を強化という前提があったからアメリカはむしろそれに応じた。
だけど相手がロシアの場合話が全く違う。
そうすると大胆な事は否定はしないけど、ちょっと政権をフレームアップし過ぎじゃないですか?
実力よりも過大な事をしてる傾向を感じます。
ただしこの政権はとにかく財務省と外務省の両方と喧嘩してる。
日露外交も経産省がやる。
だから世耕弘成副長官を事前の予定を覆してそこに持って行った。
外務省と財務省を置き去りにして喧嘩しながら政権を維持したというのは例が無いので、だからもちろんそれもリスキーだけど、でも日本の既得権益を破る上では有効です。
日本外交と日本の予算編成を財務省と外務省が一手に握ってきた。
他には触らせなかったというのが敗戦後というか本当は戦前からの日本の大きな宿痾、病気になってるのでその意味では評価できる。
だからこそ確実に効果が出るものをやるべきだと思うので今回ヒラリーとだけ会ったというのは僕は反対です。
関連書籍 アメリカ大統領選完全ガイドブック: これさえあれば100倍楽しく観戦できる!アメリカ大統領選挙早わかり!
関連記事

コメント

非公開コメント