安保法成立1年、国会前デモ2万人

201506142019541b4.jpg
まず休日の誰も居ない国会前にデモに行って一体何になるんだろう?
この事自体がこの人たちが目的を失っている証拠。
また2万人というのは主催者発表なんですよね。
主催者発表2万人というのは実際には数千人居たらいいよなという感じだと思います。

去年の8月30日に国会前で安保反対国民集会があって、その時の主催者発表は12万人。
ところが産経新聞が航空写真を使って試算したところおよそ3万2千人。
政府の把握では約3万人だったそうです。
しかもその内訳は1万7千人が共産党系の動員、1万人が社民党系の動員、残り3千人が一般市民。
これを新聞各社、特に東京新聞は「市民が自発的に集まった」と、しかも10万人。
仮に12万人が本当だとして一体何の意味があるのか?
何の効果もありません。
僕がもし安保反対するんだったらこんなバカな事やりません。
もっと実行性のある事は何なのかを考えてやると思います。
彼らは自分に酔ってるんでしょうね。
「こんなに活動してる私たち、声を上げてる私たち」という。
そういう行為自体がみっともないです。
もちろんチベットの様な本当に弾圧されているところで命がけでデモをして戦う。
世界に訴えもするし、大事な事だと思いますが、デモしたって誰も逮捕もされなきゃ弾圧もされない。
別に誰も反対しないよという中で、或いは新聞が取り上げてくれるよ、持ち上げてくれるという中でデモをして何が偉いのか?

若者代表というシールズも結局自然消滅しました。
若者は誰も付いてこなかった。
若者代表というのもマスコミが作った全くの嘘。
世代別でシールズを評価するか、或いはデモを支持するかという世論調査をすると、一番支持しないと答えるのが20代の若者です。
次いで30代。
一番シールズを支持している世代は60代です。
つまり全共闘の名残、かつて見た夢をもう一度という人たちが支持してる。
ハッキリ言って団塊の世代が無茶苦茶厄介。
こんな厄介な世代は無い。
今までの日本をぶち壊してきたのも団塊の世代だし、これからの日本をどんどんひどい状態に持って行くのも団塊の世代です。
この世代の人としゃべると40年前と考え方が全く一緒。
だから二十歳くらいの時にそういう共産主義にかぶれて、その概念のままそこから一切勉強もしてないし考え方も一切変わってない。
何が厄介かという事については前にも触れているので割愛します。
関連書籍 総括せよ! さらば革命的世代 40年前、キャンパスで何があったか
関連記事

コメント

非公開コメント