蓮舫氏、台湾籍確認し「お詫び」

3136e238-s.jpg
蓮舫氏は13日に国会内の記者団に応じ、自身の台湾籍が残っていたことを確認した事を明らかにした。
「記憶の不正確さで混乱を招いたことをお詫びしたい」と陳謝し同時に「違法性は無いと思う」とも語り党代表選からは撤退せず選挙戦を継続する考えを明らかにした。
日本と台湾の二重国籍問題に対しては記者会見などでこれまで否定していました。
蓮舫氏は台湾の駐日代表部にあたる台北駐日文化代表省から12日に「台湾籍が残っている」との連絡を受けたと説明した。
台湾籍を否定していたことについては「発言が統一性を欠いたことについては率直に申し訳ない」と述べた。

いやあ酷いですね。
最初この人「質問の意味が分からない」と言ってたんですけど、この会見の意味がよく分からない。
僕の予想ですけど彼女は恐らく隠していたというよりも、その場に有利な事を適当に言ってるだけなんじゃないかな?
バカとスパイ9対1の法則というのがあるんですけど「こいつスパイじゃないか?」と思っても大体9割がたはバカです。
鳩山って今はスパイになりましたけど昔はバカでしたよね。
だって「最低でも県外」とか言ってたんですからどう考えてもバカ。
でもバカがずーっとバカやってたら、バカはスパイに操られるので終いにはスパイになってしまった。
で今AIIBの顧問とかやってる。
逆効果ですけどね。
バカですね、習近平も。

蓮舫さんも最初の頃は「台湾ハーフ」と言って売り出してた、スーパージョッキー時代。
その色物からちょっと卒業してステーションアイというテレビ朝日のキャスターを25歳からやった時に「私は中国籍なのでアジアの視点からニュースを語りたい」とか言って思いっきりインタビューに答えてるのが朝日新聞に残ってて、当然ネットに拡散します。
そういう中華アイデンティティーバリバリでやってて、その頃は多分そっちの方が良かったから。
ところが代表選に出たら「お前本当に日本人なのか?」という突っ込みを食らって「もちろん私は生まれた時から日本人です」とその場で適当に言ってた。
そしたら「お前昔こんな事言ってるじゃないか」というのがいっぱい出てきて、で説明が二転三転して最後しどろもどろになる。
そういう中華アイデンティティーを前面に押し出してやってた人が「私は愛国者です」とか言っても誰も信じません。

始めから素直に言えばよかったのに。
だから記憶の不正確さで混乱を招いたんじゃないんですよ。
その場その場で適当な事言ってて、且つ最初の会見もデタラメだった、インタビューの答えも。
そこが問題で、「昔私はこんな事言ってたのでひょっとしたら台湾のパスポート残ってるかもしれないから調べて、もし残ってたらすぐに台湾籍を抜く手続きをします、ご指摘ありがとうございます」と言ってればその場で終わってたんですよ。
ところが「意味が分かんない」って上からガアアってやったでしょ。
舛添と同じ。
「何ら違法行為は無い」。
あれも「すいません、やってました。不適切なものについては全部金返します」ってやれば済んだ。
これって危機管理の基本なんです。
まずいものが出てきたときに、これ以上ないです、というくらい謝って開示すると大丈夫なんです。
それを開示しそこなって後でぽろぽろ出てくるともう止まらなくなる。
だから蓮舫さんは最悪の危機管理をしてしまった。
謝るのにもスピードがあるんです。
危機管理の観点から見ても本当に民進党という野党第一党のリーダーにふさわしいのかどうか?
この危機管理で万が一与党になった時に、北朝鮮の核実験や弾道ミサイルに対応できるわけがない。
尖閣問題についても閣僚の時に口を滑らせて「領土問題」と言っちゃった。
あれもその場の雰囲気で言っちゃったんですよ。
後で慌てて否定して、その後発言が無い。
ヤバいと思って言わないようにしてるんだと思うんだけど、だから状況に応じてその場で人気が出そうな事を言う。
事業仕分けもマスコミで注目されたら「二番じゃダメなんですか」。
安保法制の時も「この嘘つき野郎」と言って恐ろしい地が出てしまってる。
この問題で彼女の政治家としての資質がばれてしまった。
というか人間としてどうなの?
あれだけ居丈高に与党のちょっとしたミスまで「絶対許さない」とやってた人が自分の件ではこの異常な防御力の無さ。
こんな事やってたら民進党は社民党みたいにこのまま消えていきそうですね。
関連書籍 蓮舫の守護霊霊言 ~“民進党イメージ・キャラクター"の正体~
関連記事

コメント

非公開コメント