三菱自、信用失墜更に

20160830-00000117-mai-000-5-view.jpg
この三菱自動車の不正は日本の技術界に非常に大きな影響があって、大きな会社の技術系の役員が「あんな事はやめてほしい」と言ってました。
何故かというと三菱自動車一社の事じゃない。
日本の工業製品が全て疑われる。
ですからこういう事は本当に反日的です。
11車種のうち10車種誤魔化していたことについて社長が「真摯に受け止める」と言ってましたけどそんな難しい言葉使うな。
日本で一生懸命働いている技術者の皆さんを裏切る事です。
本当に技術者の風上にも置けない。

関連でMRJ、米国への再出発、9月下旬以降の恐れもというニュース。
既に4回くらい延期してます。
そしてやはりブラジルやカナダの競合他社も一生懸命やってます。
元々MRJというのは技術的にそんなに特徴のある飛行機ではないのでこんな事やってると競争に負けます。
まず日本の経産省が手を引くという事が第一条件でしょう。
それに加えて三菱全体でタガを締め直して、やっぱり日本のトップの技術会社としてちゃんとやってほしいと思います。

不具合といえばこれも不具合という話になるんでしょうか?
全日空787型、またエンジン不調、成田に引き返し。
787には日本のメーカーもずいぶん参加してて国際的な技術なんですが非常にかっこいい機体です。
かつては日本製はこういう事が無くて中国製とかヨーロッパなんかも一時在りました。
日本製はこういう事が無いというのが原則だった。
それを反映して次の図は技術の国際競争力のグラフなんですが、売上高営業利益率に世界の売り上げシェアを掛けたものです。
aea16fbebfea63eb8ab30893ad0ecd65.png
日本企業は2000年の初めくらいまではアメリカに次いで2位、そして欧州、アジアという順序だった。
そして利益率や売り上げはアメリカの方が上でしたけど品質は日本の方が上だった。
ところがリーマンショックで脆弱だった日本が一番落ちて、それ以来ずっと落ちっぱなし。
悲しい事に今やアメリカ系が断トツで、欧州系とアジア系が同程度で、日本はアジアにすら勝てない。
今はこうなってしまってる。
「いいじゃないか、いいじゃないか」とやってる間にこうなっちゃった。
地球温暖化だとかリサイクルだとか下らない事やってるでしょ。
だからもうどんどんどんどんレベルが落ちちゃう。
石油なんか無くならないし、温暖化も怪しげなのにそういう方向ばかりに行って太陽光発電なんてやってるから。
つまり技術というのは科学的に正しい事が中心にならなきゃいけないのに最初から科学的に間違った事をやってるものだから、どんどんどんどん基盤が弱くなって現在では日本企業がアジア平均以下になってしまう。
だから「日本製だからいいんですよ」なんて話は無くなってしまう。
日本製品に対する信頼性は無くなっていきます。
だから三菱自動車の事に関しても日本の技術系の大手重役が「もう悔しくてしょうがない」と言うんですよ。
だけどこういうのがどんどん出てきてる。
日本全体がいい子いい子で誤魔化してやってる間に、世界で、アフリカなんかを除いた地域で最低になってしまった。

もう一度我々は初心に帰る必要がある。
子供に英語なんか教えてたらこうなりますよ。
だって英語というのは技術を落として口先男だけ増やすって事だから。
だから僕らはもう少しよく考えて、日本を繁栄させて子供たちに良い日本を引き継ぐためには我々はどうしなきゃいけないか?
それを考えるのが本当に親の責任だと思います。
関連書籍 不正の迷宮 三菱自動車
関連記事

コメント

非公開コメント