捕鯨妨害で高速艇投入、豪シー・シェパード

20160830-00000032-jij_afp-000-3-view.jpg
皆さん、日本の新聞NHKも含めて「オーストラリアやアメリカは牛肉を食うのに、牛を殺してもいいけど鯨を殺してはいけないという理屈はおかしい」という事ばかり言ってる。

今からいう事は僕の意見じゃないですからすぐ反論しないでくださいね。
僕が相手の意見を紹介すると「お前はそういう意見か」って違います。
相手の事を代弁してるだけ。

まず鯨は聖書では食べてはいけない動物の一つになってます。
「鯨の肉は食べてはいけない」という表現になってる。
そうすると「アメリカはずいぶん捕鯨したじゃないか」と言うけど鯨の髭と油を取ってあとは海に捨てていた。
この話をすると日本人の場合「もっと悪いじゃないか!」と来る。

アメリカや聖書がある国では昔からいくらでも鯨を取ってました。
例えば昔だったらスカートをふわっと膨らませるための骨が鯨の骨だった。
何でもかんでも鯨を使ってました。
油はもちろん鯨を使ってました。
だけど肉だけは食べてなかった。
キリスト教圏の考え方は鯨は殺してもいいけど肉を食べてはいけないんです。
肉は忌み嫌われている。
イスラムで豚は食べないというのと一緒。
だからこれは特別な事じゃないというのがまず一つ。

それから海洋国家というのは、例えばノルウェーにしても若干鯨は食べます。
ところがアメリカやヨーロッパの大陸国は、やっぱり海の物は気持ち悪いというのが最初に来るんです。
だから魚にしても切り身を売ってる場合が多い。
魚丸ごとをあまり売らないのはやっぱり気持ち悪いから。
この気持ち悪いという大陸国の人たちの考え方というのは僕らと違うんですよ。
目の前で羊を殺して血が滴るんだけど、それ平気なんですよ。
僕らは羊を目の前で殺すと怖がったりする。
ところが魚がぴんぴん撥ねてるのを見てもそれほど打撃が無い。

あるヨーロッパ人がすし屋で食事をしてる時に活き造りが出てきた。
鯛だったからまだぴんぴん動いてる。
そしたら「これだけはやめてくれ、下げてくれ食べられない。他の物も食べられなくなる」と言ってさらに「活き造りは残酷じゃないんですか?」と来た。
そりゃあヨーロッパ人からしたらそうですよね。
だから鯛の活き造りとか踊り食いとかそういうのは日本人にとっては大丈夫だけど大陸系の人にとってはものすごく残酷に映るのも事実なんです。
でも子豚の丸焼きは全然平気だったりする。
ちょっと感覚が日本人と違うと皆さん思うでしょうが、日本人と違うから日本が正しいと思ってはいけない。
相手の正しさは何かという事をよく理解する。
これが二つ目。

向こうは血を流しながら苦しんで死んでいく動物は平気。
だけど日本も食卓の上でぴんぴん撥ねる生きている魚は平気。
これ同じなんですよ。

何故シーシェパードが日本だけ狙うか?
これは簡単で、韓国は発砲したことは無いけど韓国の捕鯨船はシーシェパードに発砲する構えです。
だから韓国は日本の3倍くらい捕鯨してますけど絶対に韓国船を襲わない。
それからノルウェー船は面白くて北の方の海だからシーシェパードの船員を全員海に投げ捨てちゃう。
そうすると溺れるか凍死するかだからこれも襲わない。
日本だけは船内に入れてコーヒー飲ませてとなるから相手にしてみれば我々がやってる事は正しいんだと解釈する。
日本人は使い分けるんですよ。
この人は悪人だけど優遇する。
だけど世界の殆どの国は悪人は罰する事になってるから、相手の態度から相手の考えていることを予測する。
日本は態度と心は違いますよという文化なので「シーシェパードは困るんだけどコーヒーは差し上げます」となるから分からない。

日本は外国に対して「自分たちは鯨は食べたくないんだ、食べる目的じゃないんだ、資源保護のための調査をしてるんだ」という事で調査捕鯨という名前を付けてる。
この調査捕鯨という事を水産庁が国際会議で一生懸命言ってるけど誰も聞いてません、嘘だから。
「日本は鯨の肉を食べる文化があって、鯨で生計を立ててる人も居る」と片方で言いながら片方では「調査捕鯨ですよ」、こういう言い方をしてるのは日本だけなんですよ。
だから誰もが「日本人は嘘つきだな」と思うだけなんですよ。
だから取るなら取ると言えばいい。

資源的には鯨が食べる魚の量と人間が食べる魚の量が大体同じくらいだというのが中立的な考え方です。
ですから鯨はある程度取らないといけない。
それは今後国際的によく協議して、日本も鯨を取るなら「食べるために取る」とちゃんと国際的に言える国になってほしい。

今説明してきたことはいずれも日本文化の弱いところなんですよ。
自分が正しくて相手が間違ってると決めつけるとか、自分の文化と相手の文化が一緒だと思ってしまうとか。
離婚の原因がそうですね。
お父さんはお父さんの意見、お母さんはお母さんの意見を言えば離婚になります。
お互いに違っていいんだという事になると離婚になりません。
これと全く同じ原理がこの鯨の問題では進んでるので、シーシェパードからしたら日本はもう狙い目ですよ。
何故かと言ったら矛盾した事ばっかり言ってるから。
だからみんながシーシェパードの応援をしてしまう。
「日本のやつらは調査捕鯨と言ってるけど本当は食いたいからだ」と言われたら一発でしょ。
だって日本の新聞に鯨を食べるのは文化だって散々書いてきたんだから。
関連書籍 シー・シェパードの正体 (扶桑社新書)
関連記事

コメント

非公開コメント