アフリカ3兆円投資、新外交戦略。印と連携

000183707.jpg
アフリカに安倍さんが行って人材援助をする。
これはODA(政府開発援助)中心です。
3兆円を出すというのは我々としては大変ですけど、原発を全部やめると大体設備廃棄が3兆円くらいですからそういう国家規模の物と同程度というのをまず頭に入れておいて下さい。

今中国が物凄くアフリカに手を入れて進出しようとしてますのでこの投資はその牽制の意味もあるんですが、実は中国というのはまだ開発途上国で日本がODAで中国に援助してる。
少し前までは無償援助というのがあって中国にやりっぱなしというのがあったんですけどそれは数年前に終わったんですが、その規模も今回の投資と同程度の物でした。
だから日本はなんで中国がこれだけ反日でやってきてるのに延々と中国にODA援助をしなきゃいけないのか?
腑に落ちません。

ODAについて例えば10億円援助すると1億円がキックバックで政治家の懐に入ると言われてます。
これは長く言われてます。
田中角栄が中国かどこかに100億円援助して10億円貰ったという話は何回も聞きました。
誰から聞くかというと新聞記者とかそういう人。
「○○さん、キックバックがあるからODAは無くならないんだよ」、中国に何で援助してるの?と聞くと「いや政治家が貰ってるからねぇ」、それを新聞記者が僕に言うなら新聞に書け!
そうでしょ?
国民が主人なんだから。
これだけ何十年も「ODAの金の1割は政治家の懐に入る」と言われてきましたが、僕は捜査官でも何でもないので全然調べられません。
記者は取材の特権持ってますから調べられるし、警察はもちろん賄賂は調べられます。
だからこれは警察や新聞記者が調べて「そういう事は無い」ときちんと誰かが責任を持って言ってくれないと。

新聞やテレビの首脳部が本当に国民の事を考えてないのは、ある先生が国家の委員会に出た時、隣りにメディアの偉い人が座ってる。
すると彼は先生が発言すると「○○さん、○○さん、これはこういう事なんですよ」って説明してくれる。
先生の言う事は頓珍漢なんですよ。
というのは裏情報を知らないから表から話す。
表から行くと、隣りから真実を話してくれる。
そうじゃないでしょ。
メディアの人は隣りの先生にこそこそ話すんじゃなくて、委員会で言うか新聞で書くかテレビで言うかしてくれないとダメでしょ。

例えばODAで10%キックバックが政治家に来る。
それは確定しないし影響が大きいから言えないとみんな言うんだけど、こういう言い方をすればいいんですよ。
要するに明らかにするのは政治家や新聞記者の方であって、僕は噂を山ほど聞くから噂を否定する義務があると思ってる。
説明責任です。
僕はただ疑問を呈してる。
だからこの場合は3兆円ODAするから300億円政治家に来る。
大した額です。
それを安倍さんは取らないと思うけど誰かが取るのなら税金としては不正使用です。
賄賂みたいなもので、「こういう事がある」といろんなところで僕が聞いてるんだから、やっぱり真偽のほどをしかるべき機関かマスコミがやってくれないといけないという事をテレビで言ったって全然差し支えないじゃないですか。
第四の権力と言うならそういう事を暴いて頂きたいと思います。

10%って多い様な気はするんですよ。
3兆円で300億円が日本の政治家に戻って来る。
ちょっと多いなという気はするんですがデータが無いから半分取ってるのか?1万分の1取ってるのか分からない。
だからやっぱり国民にありのままの情報を出来るだけ提供して欲しいという希望があります。
関連書籍 ODAの現場で考えたこと―日本外交の現在と未来 (NHKブックス)
関連記事

コメント

非公開コメント